■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















火星の古代文明は核爆弾を持ったエイリアンによって滅ぼされた!?

「火星の古代文明は核爆弾を持ったエイリアンによって滅ぼされた」のタイトルでMailOnlineから出されたこの記事は結構面白かった。

火星の古代文明が異星人の核攻撃によって滅ぼされたという博士の説は、今丁度この地球の人類と同じ様な野蛮で低脳な種族がその時宇宙に居たという事になる。

そしてまさに今の地球人類が宇宙(ソラ)へと飛び出し火星に移住しようとしているのだから、火星は受難の惑星の何ものでもないかもしれない。

博士の説が正しいとして、古代に火星人は他惑星に滅ぼされ、挙句、次は植民地なのだから火星のエンシェントの逆鱗に触れる事は間違い無しだ。
喰われたとしても文句は言えないだろう・・・・。



火星の古代文明は核爆弾を持ったエイリアンによって滅ぼされた。 次は地球を攻撃する可能性がある - 物理学者が主張
PUBLISHED: 11:07 GMT, 21 November 2014 | UPDATED: 11:31 GMT, 21 November 2014

科学者は火星の古代の生活が虐殺されたことを彼の理論を提示することである
博士はブランデンブルクは、イリノイ州で明日彼の研究について講演を与えている
彼は、火星上の2つの核爆発の証拠があると言う
Cydonians(多分シドニア地域)とユートピア - これらは明らかに2つのレースを一掃した
表面上のウランとトリウムの検出はこれらの過去の爆発のための証拠である、と彼は主張
そして彼は我々が地球上で同様の攻撃を警戒しなければならない警告している



もしあなたが今週土曜にイリノイ州で行われるアメリカ物理学会の2014年秋大会に出席するなら、
ちょっと驚くかもしれない。そこでは、プラズマ物理学者のジョン・ブランデンバーグ博士が
火星の古代文明が異星人の核攻撃によって滅ぼされたという説を発表するからだ。

ブランデンバーグ博士の奇妙な説によれば、シドニアンおよびユートピアンとして知られる古代の
火星人たちは、核攻撃によって虐殺された。そしてその痕跡は今日でも確認できる、というのだ。

2011年、博士は火星の赤い色は自然発生的な熱核爆発によるものだという仮説を初めて発表した。
「火星表面はウランやトリウム、放射性カリウムのような放射性物質の薄い膜で覆われている」。
「核爆発が火星全体に堆積物を広めた」。博士はテレビニュースにこのように話していた。

しかし、博士は自説を推し進め、火星での核爆発は自然発生的な核爆発だとはいまや考えていない。
つまり、核爆発は知的生命体により引き起こされたとしているのだ。彼の最新の論文の結論は、
大気中の放射性同位体は水爆実験のものに酷似しているというものだ。これは「宇宙からの核攻撃
により文明が滅ぼされたことの例証になるかもしれない」という。

博士によれば、火星はかつて地球と似たような気候であり、動植物のすみかだった。
そして、古代エジプトと同程度に進んだ知的生命体がいたという。
これは火星にある二つの地域を博士が分析した結果によるものだ。そのうちのひとつがシドニアだ。
悪名高い、後に否定された「火星の顔」が発見された場所である。これは博士によれば古代のエイリアンが
作った人工物だという。


われわれは地球に対する攻撃を警戒すべきであり、我々が直面している事態を知るために火星への有人
ミッションを実行すべきだ。博士は警告する。(抄訳)

火星10
[Mail Online]








七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。




応援宜しく御願い致します。


オカルト ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/24 07:00 ]Posted by七曜高耶 | UFO | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2356-52b40bfb