■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    ノストラダムス、2015年の予言

    ノストラダムスと言いますと、ここはやはりブロともである「徒然なるままに思う事」のyoshi様の分野ではないでしょうか。

    七曜は専門外ですし、ノストラダムスを研究対象にしていなかったので知識としては非常に浅く、yoshi様の様に博識では有りません。

    今回、ロシアの通信社Federal Pressはノストラダムスの2015年の予言を公表したと言う事です。
    しかし、ノストラダムスは象徴的(詩的)な言い回しをするので、解釈する人間の感性が大きく影響するのではと考えています。
    公表されたノストラダムスによる来年2015年の予言も、誰がどの様にして解釈したかが重要になるのではと思っています。
    とりあえず、記事に掲載された通り、ノストラダムスの予言によりますと、2015年は恐ろしい出来事がたくさん起こり、世界を根本的に変えると言います。
    また来年2015年には税金がなくなる(何処の国かは判りませんが、日本だったら良いなぁ~と)、各国政府の指導者4人が画策の犠牲者になるという事です。



    ノストラダムスだけに拘わらず、未来予知をされる方々は来年2015年は大変な年になると伝えていますが、スピリチュアル系の方々やチャネラー達はそれとは正反対の素晴らしい年になるであろうと伝えています。

    未来の結果がどちらになるか、その時になってみないと判らないことですが、確率だけで言いますとたったの1/2なのです。
    しかし、未来に人間の意識が干渉すると、思わぬ事態に直面することもしばしば有ります。
    1/2以外の道に逸れる事も有るのです。それがどちらでもない世界。未知の世界の出現です。

    そこは未来予知がまともに出来ない世界。あまりにも目まぐるしい世界。

    ノストラダムスももしかすると、その世界の一端を視てきていたかもしれません。それが彼の予言を詩的なものにさせた原因であったかもしれません・・・・・・。


    ノストラダムスの2015年の予言が公表される

    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_04/280856630/




    偉大なノストラダムスによる来年2015年の予言が公表された。ノストラダムスによると、2015年は恐ろしい出来事がたくさん起こり、世界を根本的に変えるという。また来年2015年には税金がなくなるほか、各国政府の指導者4人が画策の犠牲者になるという。ネットメディアが伝えた。


    その他、世界では軍事紛争が起こるほか、民族間だけでなく、動物と人間の間の言葉の障壁もなくなるという。

    ノストラダムスは、個別の国についても予言している。ノストラダムスによると、例えばイタリアでは有名なヴェスヴィオ火山が噴火し、ドイツとフランスは危機に苦しむ。米国では大きな地震が発生して、人道的危機を引き起こすという。

    またノストラダムスは、2015年に長寿の秘薬が開発され、一部の人々は200歳まで生きることができるようになるが、同時に地球は太陽放射にさらされ、大勢の人が早死にすると予言している。また複数の国では、社会分野も変化をこうむるという。

    ノストラダムスの予言の解析では、一部の国の政府が出生率を厳しく管理するようになり、子供を出産するための特別な許可が必要になると述べられている。

    そのほか、研究者たちによって、死者が墓から蘇るとの情報が発見された。




    ロシアの通信社Federal Pressより











    七曜 高耶




    クリック頂き有難う御座います。





    応援宜しく御願い致します。有難う御座います!!


    オカルト ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/12/04 17:49 ]Posted by七曜高耶 | スターシードへの覚醒 | TB(0) | CM(9)[記事編集]

    この時代に生き延びている人々は

     巨大な変化を体験する為にこの時代に生まれたのです。
     だから様々な変化に悲観するのではなく、楽しむ事が重要になって来ます。
     何の変化も無い現在の社会も、苦の連続ですから、変化こそそこから脱してくれる手段でしかないのです。
     強大な変化を楽しみましょう。
    [ 2014/12/05 08:49 ] [ 編集 ]

    ('_'?)

    ノストラダムスって…、メーソンリーではなかったですか?

    そりゃあ、資料にはないかも知れませんが、そのくらいは潜在意識に聞けば何らかの情報を持つ者からのジャッジが取れる(@_@)

    黒でしょ?
    [ 2014/12/05 12:04 ] [ 編集 ]

    ノストラダムスの予言は、例えば「4巻の1から50までの詩が2015年分の予言」と括れるような、そんな単純なものではありません。

    私は「予言された日時の算出方法」も一応知ってはいるのですが、計算が複雑かつ関係のない複数の年月日も算出されてしまうため、最近は予言詩の内容にある世界情勢などを元にしています。


    ともかく公表された予言の元となった予言詩を見てみないと、なんとも言えませんね。

    ノストラダムスに関しては、後世に創作された偽書の類も多いですから・・・


    ノストラダムスがメーソンだったかどうかは分かりませんが、彼は元々ユダヤ教徒でした。

    後にキリスト教に改宗するのですが、彼は予言以外にもペストの治療に大きな功績をあげた医者でもありました。

    晩年、フランス国王に使えたノストラダムスは国王の厚い信任を受け、「王室最高顧問」「王室の主治医」「国王の全権代理」などの称号を与えられた大人物です。


    [ 2014/12/05 15:13 ] [ 編集 ]

    「死者が墓から蘇る」とされる予言の原文

    おそらくこの予言詩ではないでしょうか。


    予言集10巻の74

    Au revolu du grand nombre septiesem,
    (7番目の相当大きな数が満ち終わる)

    Apparoistra au temps jeux d'Hecatombe,
    (大虐殺に賭けるときに現れるだろう)

    Non esloingne du grand age milliesme,
    (大変偉大な千年紀からそう遠くない範囲で)

    Que les entrez sortiront de leuf tombe.
    (何と、それらの墓の中から抜け出すだろう)



    この原文を見ていただければ分かるかと思いますが、「墓から抜け出す」との表現はありますが、それが「死者」だとはどこにもありません。

    この予言詩の大意は、

    「何か7番目の相当大きな数が道終わる時と同時に大虐殺が起こり、何かが現れる。それは偉大な千年紀からそう遠くない時期に発生し、その時、何かが墓の中から抜け出す」

    と言う事です。

    「墓の中から抜け出すもの」とは、恐らく「人々に忘れ去られ、死んだような状態になっているモノ(思想や哲学?)」ではないかと考えています。

    もしかしたらそれは、様々な解釈によって1999年人類滅亡説がでっち上げられ、それが外たことで人々から忘れ去られてしまった「ノストラダムスの予言集そのもの」の可能性もあります。

    何も「死者が墓場からゾンビの如く蘇る」といった内容の予言ではないことがお分かりいただけると思います。
    [ 2014/12/06 19:51 ] [ 編集 ]

    Re: yoshi様へ

    こんばんは、yoshi様。


    予言詩の解釈有難う御座います!!
    流石yoshi様。

    やはり、解釈の仕方がそれぞれ違う様ですね。
    間違った解読方法で行うと、結局全く違った予言になってしまい、返って混乱をきたす感じですね。


    ここはyoshi様の得意分野ですし、また色々とお教え頂ければ有り難いです。

    有難う御座います!!





    七曜 高耶
    [ 2014/12/06 20:55 ] [ 編集 ]

    盲目の民衆

     現在の一般庶民は盲目状態です。
     社会の本質を知らない、実態を知らない、誰がそうして来たのか知らない。
     その彼等が何を隠して来たのか知らない。
     消されて来た革新的科学技術もかなり多いでしょう。
     ひょっとしたらそれ等、消された知識が蘇るのではないかな。
    [ 2014/12/07 09:08 ] [ 編集 ]

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2014/12/09 18:43 ] [ 編集 ]

    Re: 匿名様へ

    おはようございます、匿名様。

    匿名様の保護の為に未承認にさせて頂いています。
    コメントを有難う御座います!!


    >封印を解かれた仲間達の霊のこと


    確かにこれも有りですね。

    解釈の仕方で色々ととれる「詩」になりますが、やはり実際は単純な「詩」では無く色々な意味も含ませているような気もします。

    十日間の修法頑張って下さいね。お疲れ様です。





    七曜 高耶
    [ 2014/12/11 06:38 ] [ 編集 ]

    先日の10巻の74の予言詩ですが、とある事を調べているうちに、偶然にも予言詩の全貌が解読できてしまいました。

    今は敢えて詳しい内容には触れませんが、この予言詩は「2015年の予言」ではなく「2020年代の予言」でしょう。

    [ 2014/12/12 02:08 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2380-3870d278