文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック


CIAの「拷問」報告書、9日に公表へ 米在外公館で警備強化
AFP=時事 12月9日(火)10時49分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20141209-00000032-jnn-int




CIA本部
米バージニア州ラングレーにある米中央情報局本部のロビー(2008年8月14日撮影)。


【AFP=時事】米上院は9日、米中央情報局(CIA)が2001年9月11日の同時多発テロ以降、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)のメンバーとされる容疑者らに行ってきた残虐な尋問手法に関する報告書を公表する見通しだ。公表に先立ち、各国の在外公館など米政府関連施設では、報告書の内容への反発に備えて警備態勢が強化されている。



ブッシュ前米政権が容認した10種類のCIA尋問手法

 ジョン・ケリー(John Kerry)米国務長官は先週、報告書が世界各地に与える可能性のある影響について警告していたが、ジョシュ・アーネスト(Josh Earnest )大統領報道官は8日、報道陣に対し、報告書は翌9日に公表されると聞いていると述べた。

 報告書は、米上院情報特別委員会(Senate Intelligence Committee)がまとめたもの。公表される内容は大幅に編集が加えられたものとなるが、ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)前大統領の政権下で極秘裏に実施されていた数十人の容疑者に対する尋問プログラムを厳しく批判する内容となる見込みだ。

 バラク・オバマ(Barack Obama)大統領は、2009年に就任して以降、米政府に過去の行いから距離を置かせ、CIAの厳しい尋問手法を「拷問」と評して禁止する措置を取っている。

 報告書には、2001~09年に米当局によってテロ関連容疑で拘束された約100人の容疑者の処遇がまとめられているとされている。CIAが極秘で運用した収容所やキューバのグアンタナモ湾(Guantanamo Bay)にある米軍基地に収容された容疑者に対しては、「水責め」や、体に負荷のかかる姿勢を取らせるなどの厳しい尋問が行われてきた。




【翻訳編集】 AFPBB News


以下がその報告内容になる。

実際には9日公表以前に拷問プログラムは漏洩していた。
その漏洩を隠す為に9日公表にしたのかどうかは判らないが、Liveleakでは記事として存在する。
奇しくも漏洩記事は8月の9日だ。丁度4ヶ月経った今日の日に公表とは非常に意味ありげでもある。


【google翻訳なので適当な日本語になっています。申し訳ない】
拷問

米国の内部諜報メモがリリースに対して警告している。尋問中に疑いがあるCIAの拷問の戦術上の上院報告書の移動がさらに煽る可能性があることを主張し、イスラム教徒のテロリスト中東で反米感情を、潜在的に暴力的な街頭につながりに抗議し、米国大使館や職員への脅威。 国家情報会議(NIC)による8ページのメモがされている。

保持を支持して主張し、米国の情報機関に一部で使用されている。上院情報委員会の議長上院議員ダイアンファインスタインさんに対してラインを解放するために要求レポートの480ページの要約のよる完全なバージョン。

メモによると、先月末にホワイトハウスに行ってきましたが、行政当局者はそれをレポートにredactionsで何の役割も果たしていない。ファインスタインがに反対されています。「中東はたった今のTinderbox、これは火花可能性が 非常に火を点火し、「説明を受けた1米情報当局者との所見はという懸念が元トップ、米国の諜報によって尋問プログラムを監督助けた公式。

それはあなたが解放するかどうかを把握するロケット科学者を取るテロは、すべての中東の上に急増している時に、このようなレポートを 他のサイドの募集ツールを渡しています」とジョン・マクラフリン、かつて言った 引用したようにCIAの副局長は、 Yahooのニュースレポートに。

それは疑いの余地なく明らかだ」と彼は強調した。しかし、上院委員会の関係者は、インテリジェンスと反論しているコミュニティの懸念は誇張され、国務省はすでにしたことを米国でセキュリティをランプアップすることにより、潜在的な抗議を防ぐための措置をとら大使館。

メモは、潜在的な暴力についてのその硬直した警告を、あるオーバーファインスタインの委員会とCIAの間の闘争における最新の開発 」強化の機関の使用について公表されるべきか、多くの詳細 として知ら溺水技術を含めて-尋問"水責め。

いくつかのテロ容疑者の拷問技術がブッシュ政権によって許可された。同時多発テロの余波。報告書に精通インテリジェンス源は、それがグラフィカルに記述するいくつかのケースでは、ぞっとするような細部で過酷な戦術代理店のトップ容疑者取得しようとする時に数週間のために使用役員および請負業者 アブZubaydahとカリドシェイクモハメドのような話を。

彼がした後に報告書はまた、アフガニスタンの容疑者の死を詳述 縛らおよび政府機関における凍結温度で半分裸のままに呼び掛け 、2002年に「塩ピット」として知られている。施設 委員会は、プログラムを詐称のCIA高官非難 議会と司法省は、それが重要な知性を得たと主張し 、実際に他の場所で学習された潜在的なテロのプロットについてのを、ソースは 述べています。

もう一つ料代理店は数undercountedことを それはなかった2006年に主張する、拷問の方法に供した被拘禁者を 同じような乱暴な扱いを受けた約20他人除外、100以上のアフガニスタンでは。

諜報委員会は昨年4月に報告書を承認した場合には、ファインスタインは言った「結果は衝撃的だった」との報告があることを「公開する 国家としての私たちの価値観とは全く対照的である残虐行為を。それが出て来るときこれは醜い話になり、「1米合意するの所見に精通諜報関係者は報告書は。

「メモはアブグレイブ刑務所スキャンダルが引火したと述べている 暴力的な過激派のため、それらのプロパガンダに重要な役割を果たした」と、関係者は。しかし、関係者はメモがない、ハード引用していないことを認めた。報告書がリリースされている場合、デモの可能性についての知性を。

could'vesの多くがそこにありますが、「関係者は述べています。しかし、時、またはどのようにそれは現在明らかではありません上院の報告書の多くはなり 日の目を見る。諜報コミュニティは、部分的に編集され提供さ 先週金曜日ファインスタインのパネルにフル6,200ページの報告書の要約を、そして それは、この公開されるのをオバマ政権当局者は、ブレースされていた 一週間。 NJT / MB


US fears aftermath of releasing CIA torture report


An internal US intelligence memo has warned against the release

of a Senate report on CIA’s torture tactics in the interrogation of suspected

terrorist from Muslim nations, insisting that the move could further inflame

anti-American feelings in the Mideast and lead to potentially violent street

protests and threats to US embassies and personnel.


The eight-page memo by the National Intelligence Council (NIC) is

being used by some in the US intelligence community to argue in favor of holding

the line against Senate Intelligence Committee chair Sen. Dianne Feinstein’s

demands to release a more complete version of the report’s 480-page summary.

The memo went to the White House late last month but, according to

administration officials, it played no role in the redactions to the report that

Feinstein is objecting to.

“The Mideast is a tinderbox right now and this could be the spark

that ignites quite a fire,” said one US intelligence official who was briefed on

the findings.

That concern was echoed Friday by a former top US intelligence

official who helped oversee the interrogation program.

“It doesn’t take a rocket scientist to figure out if you release a

report like this at a time when terrorism is surging all over the Mideast you

are handing the other side a recruitment tool,” said John McLaughlin, a former

CIA deputy director, as cited in a Yahoo News report.

“It’s blindingly obvious,” he emphasized.



But Senate committee officials have countered that the intelligence

community’s concerns are overblown and that the State Department has already

taken steps to guard against any potential protests by ramping up security at US

embassies.

The memo, with its stark warnings about potential violence, is the

latest development in a struggle between Feinstein’s committee and the CIA over

how many details should be made public about the agency’s use of “enhanced

interrogation” — including the near drowning technique known as waterboarding —

of some terror suspects.

The torture techniques were authorized by the Bush administration in

the aftermath of the 9/11 terror attacks.

Intelligence sources familiar with the report say it graphically

describes — in some cases, with grisly details — the harsh tactics that agency

officers and contractors used for weeks at a time to try to get top suspects

like Abu Zubaydah and Khalid Sheikh Mohammed to talk.

The report also recounts the death of an Afghan suspect after he was

shackled and left half naked in freezing temperatures in an agency interrogation

facility known as “the Salt Pit” in 2002.

The committee accuses CIA officials of misrepresenting the program to

Congress and the Justice Department, claiming it yielded important intelligence

about potential terror plots that were actually learned elsewhere, the sources

said.

Another charge is that the agency undercounted the number of

detainees who were subjected to torture methods, asserting in 2006 it was no

more than 100, leaving out about 20 others who received similar rough treatment

in Afghanistan.

When the intelligence committee approved the report last April,

Feinstein said “the results were shocking” and that the report “exposes

brutality that stands in stark contrast to our values as a nation.”

“This will be an ugly story when it comes out,” agrees one US

intelligence official familiar with the findings of the report.

“The memo notes that the Abu Ghraib prison scandal was a flashpoint

for violent extremists and played a prominent role in their propaganda,” said

the official. But the official acknowledged that the memo cited no hard

intelligence about the likelihood of demonstrations if the report is released.

“There are a lot of ‘could’ves’ in there,” the official said.

But it’s not clear now when, or how much of, the Senate report will

see the light of day. The intelligence community provided a partially redacted

summary of the full 6,200-page report to Feinstein’s panel last Friday, and

Obama administration officials had been bracing for it to be made public this

week.

NJT/MB

参照元 : Liveleak


ウォーターボーディング:拷問(水責め)の一つ


概要

背中を板に固定して頭に袋をかぶせて、頭を下に向けた逆立ちの状態で顔の上、あるいは袋に穴をあけ口や鼻の穴に水を直接注ぎ込むことで急速に窒息を生じさせる。頭を水槽などに押さえつけると息を止めて抵抗されるが、逆さまの状態で水を口や鼻の穴に注ぎ込まれると気管の咽頭反射で肺から空気が放出され即に溺水状態に追い込めるため溺れ死ぬ感覚が簡単に誘導できる。日本語では「水責め尋問」と訳されることが多い。


殴るあるいは感電などの拷問は苦痛を与えることはできるが死の恐怖を実演することは難しい。一方でこの水攻めの内容を予め知らない場合は簡単に溺死する錯覚に陥り、死の恐怖で短期間に自白を強要できるとされている。さらに身体を殴るなどの拷問に比べて傷が一切残らないなどの利点が存在する。


各国の軍隊の特殊部隊においては捕虜となった時のことを想定して、この拷問の経験が訓練に取り込まれている。溺死の錯覚は正確には痛覚ではない。このことからアメリカ合衆国政府は、身体を損傷しない限りは拷問ではなく強度の尋問(英: enhanced interrogation)であり拷問を禁止するジュネーヴ条約に違反しないと主張している。


一部のメディアなどでウォーターボーディング(水責め)の実演が行われたが、場合によっては事故死もありえる拷問であり、被験者は免責の条項にサインしているだけでなく必ず医師が現場に同伴するという安全措置がとられている。


歴史


スペインの宗教裁判所
宗教裁判の異端審問で、ウォーターボーディングに類似した拷問は、つるし刑と並んで最も頻繁に行われていた。


フランス
1541年のフランスの法典にウォーターボーディングが「Torturae Gallicae Ordinariae」(フランス式標準拷問法)として制定される。


植民地時代オランダの東インド会社のエージェントはアンボイナ事件の間、ウォーターボーディングを利用した。


1898年の米西戦争の後
1898年の米比戦争の後、アメリカ軍は「水治療法」または「中国の水責め」と呼ばれていたウォーターボーディングを使った。その時に、エドウィン・グレン少佐は軍法会議にかけられて、反乱容疑者にウォーターボーディングを実行したとされ、10年の重労働を宣告された。セオドア・ルーズベルト大統領はウォーターボーディングを実行した彼の軍隊を許すために、サマルの島でアメリカンゼネラルの軍法会議を命じた。そのとき、軍法会議は彼が過度の熱意で行動したことを除いては、ルーズベルトが評決を無視したとわかって、将軍を軍から解雇させた。


第二次世界大戦
第二次世界大戦、日本の軍隊、特に憲兵隊の間で日本が占領したシンガポールで行われた。 また、ナチス・ドイツのゲシュタポが占領地で行っていた。


アメリカ合衆国
1968年1月21日、ヴェトナム戦争で米国の将軍によってウォーターボーディングは違法であると示された、ワシントンポストは、ダナンの近くで北ベトナムの捕虜をウォーターボーディングしている写真を掲載して、その兵士は軍法会議にかけられた。


近年ではCIAがアルカーイダの容疑者を尋問するために使用したことで話題になった。2008年2月5日にはCIAのマイケル・ヘイデン長官が、上院情報特別委員会でアルカーイダの容疑者三名に対してウォーターボーディングを行っていることを認めた。 アメリカでは短期的な適用は身体的は損傷を起こさないため拷問ではなく尋問であると主張され、水責め尋問禁止法案が民主党主導で上下両院を通過したがブッシュ大統領が拒否権を発動して廃案となった。


アメリカ軍サバイバルトレーニング
トレーニングの一部としてウォーターボーディングにかけられることで心理的に兵士に敵軍によって捕えられる可能性の準備をさせる訓練を行っている。


アルジェリア戦争
アルジェリア戦争の間にも行われた。フランスのジャーナリストのアンリ・アレッグが1957年にアルジェリアでフランスの落下傘部隊の兵士にウォーターボーディング受けた直接的な経験を記事にした。 この記事が発表されるとフランスで議論が巻き起こり、1958年に禁止された。

また、フランス陸軍将軍ポール・オーサレセは2001年にアルジェリア戦争時代に拷問を行ったことを告白した。


チリピノチェト政権下で行われていたといわれている。


クメール・ルージュ
1975年にカンボジアの政権を奪取したクメール・ルージュは、多数の国民を拷問に掛けたが、その中でウォーターボーディングも用いたとされる。


抗議活動
アメリカでテロ容疑者に対してウォーターボーディングが行われていることに世界的な抗議活動が行われた。



以上がウォーターボーディングであり、CIAが続けてきた最悪の拷問の一つになる。

バラク・オバマ(Barack Obama)大統領が、2009年に就任して以降、米政府に過去の行いから距離を置かせ、CIAの厳しい尋問手法を「拷問」と評して禁止する措置を取っていると書かれているが、2009年だろうが何年だろうがこれは「尋問」では無く「拷問」なであるのは一目瞭然。
2009年になり、ようやく禁止になった事に驚くばかりである。

人間とは本当に野蛮な種族である・・・・・・。


因みに CIAが拷問を行っていることを告発した元CIAオフィサー、ジョン・キリアクーに対し、バージニア州東地区の連邦判事、レオニー・ブリンクマは懲役30カ月を言い渡している。

善人は裁かれ、悪人は裁かれなかった良い例だ。

 【他、拷問の種類】「感覚遮断」「平手打ち」「水責め(ウォーターボーディング)」「断眠」「絶食」「隔離」「時間の感覚剥奪」「音楽を聞かせ続ける拷問」
【米国政府の言い分】:身体を損傷しない限りは拷問ではなく強度の尋問であり、拷問を禁止するジュネーヴ条約に違反しないと主張。ウォーターボーディングを含む拷問の結果、捕虜が死亡したと見られる証言もある。






七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!!


学問・科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2386-cffb30f4

 BLOG TOP 


無料アクセス解析