■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    太平洋側で高い傾向。今後30年の震度6弱以上確率!東京直下は3年以内だったような・・・・。


    太平洋側で高い傾向=今後30年の震度6弱以上確率―関東など上昇・全国予測地図

    時事通信 12月19日(金)17時37分配信


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141219-00000118-jij-soci





     政府の地震調査委員会は19日、今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示した「全国地震動予測地図」の2014年版を公表した。東日本大震災の巨大地震を想定できなかった反省から時間をかけて評価法を改良。活断層が知られていない所で起きる地震の規模(マグニチュード)の最大想定を引き上げるなどの措置を取った。
     千島海溝沿いの北海道東部や、日本海溝沿いの東北地方太平洋側、相模・南海トラフ沿いの関東から東海、近畿南部、四国の確率が高い傾向は、従来法に基づく13年版と変わらなかった。


    http://www.jishin.go.jp/main/chousa/14_yosokuchizu/index.htm


     地域別では、関東の確率が大幅に上昇した。調査委事務局の文部科学省の試算では、東京都庁付近の確率が26%から46%、さいたま市役所付近が30%から51%、横浜市役所付近が66%から78%に上がった。
     関東の陸側プレートの下に沈み込むフィリピン海プレートの上面の深さが従来の推定より約10キロ浅いと判明し、首都直下地震の揺れの想定が大きくなったことや、今年4月に改訂した相模トラフ沿い地震の長期評価を反映させたことが原因。
     北海道南部と青森県太平洋側も、震源断層を特定しにくい地震の規模想定を引き上げたため小幅上昇。宮城県・牡鹿半島付近は「宮城県沖地震」を単独で考慮することをやめ小幅低下した。





    以下は24年度版のハザナビになります。
    多分、それ程内容に大差は無いと思います。

    但し、政府が言う低めの「震度6弱以上確率」は当てにしないほうが無難と思われます。
    可能性的にはM9が近いと思います。

     


    南海トラフに関しては、大阪で「M8.3~」の夢を視ていると言う事は、太平洋沿岸沿いの県はそれ以上の被害が予想されると考えています。
    自然の力は人間の予想を遥かに超える存在なのです。
    私達は自然の前には無力でしか有りません。ですから日々防災意識を持ち、行動する事が大切なのだと思っています。

    地震15
    【ハザナビ 24年12月版】:http://www.imart.co.jp/hazard-nankai-traff-jisin-hazardmap.html






    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います!






    応援宜しく御願い致します。有難う御座います!!


    地震 ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2014/12/19 20:24 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

    それに該当するのは…

    ジュセリーノ工作員(^.^) が最初に出した地震等々の予言書、確かSoftBank create刊 だったと思いますがマグニチュード10.4というのがありましたね。

    たぶん、あれのことなんだろうけど… ジュセリーノ予言であったと言う時点で、人工地震確定かと(@_@)

    やはり南海トラフ狙いの、駿河湾くらいが仕掛けるならデカイの一発で全てが終わるコースかな。
    でも、来年は九州辺りで悪さをする予定(南下しながら3セット、ようは3・3・3攻撃)…かも…
    [ 2014/12/20 20:37 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2403-3172fe7d