文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

2014年12月19日に視た夢。


2014年12月19日に視た夢は、「ロリーン・ロックフェラー」。

ローレンス

この夢の中で視た「ロリーン」。
だが、調べてはみたが、ロックフェラー・ファミリーには「ロリーン」と言う名の家族は見当たらない。
しかし、ローレンス(Lawrence)(姓、男)の同系の名前にはそれがあった。
ローレンスとはラテン語の「月桂樹の冠」の意。同系は、ロレンス(Laurence)、ローレンツ(Lorenz)、ローレン(Loren)、
 ローランス(Laurens)、ローリン(Lorin)、ローリング(Loring)、ローリイ(Lawley)、ロートン(Lawton)、ローソン(Larson)等がある様だ。
発音は少し違うが「ロリーン」は「ローリン」ではないだろうか?
だが、既にこの世を去っている人物の夢を何故視たのかの疑問が残る。
そこで、彼の名で検索をかけてみるとかなりの量の情報が出てきた。
その一部を勝手ながら転載させて頂いた。 

【非常に詳しく調べられておられる方がいらっしゃいましたので転載させて頂いています】

http://oriharu.net/gabana_n/zaakan/hibi0407/hibi-niisi040714.htm


2004年7月、ローレンス・ロックフェラー氏(米国の慈善事業家)11日、肺の疾患のため、ニューヨーク・マンハッタンの自宅で死去、94歳。
 1910年、米ロックフェラー財閥総帥で大富豪の故ジョン・ロックフェラー2世の3男としてニューヨークで生まれる。プリンストン、ハーバード両大学で学び、第2次大戦中は海軍将校として従軍した。
 58年、自然保護団体の「アメリカン・コンサベーション・アソシエーション」を設立。環境問題で歴代大統領の顧問を務め、ワイオミング州やバーモント州などでの国立公園設置に貢献するなど、他の兄弟が実業家や政治家となる中、自然保護運動や慈善事業に活躍した。(ニューヨーク共同)

【関連】
★持続可能な森林と農業経営を伝える米国の国立公園
~マーシュ・ビリングス・ロックフェラー国立公園~


 フレデリック・マーシュの孫にあたるメアリー・ロックフェラーと夫であるローレンス・ロックフェラーは祖父の遺志を忠実に継承するとともに、農園に付属の博物館を設置し、環境保全の思想と実践の歴史を伝えようと試みた。そして、その教育的事業をさらに拡大するために、森林の大部分と邸宅等を連邦に寄贈したのである。


★ビッグ・リンカー達の宴2-最新日本政財界地図(5) 萬晩報通信員 園田 義明

 71年から80年まで務めたのは藤野忠次郎(三菱商事元社長)だが、89年の三菱地所によるロックフェラーセンター買収は、当主であったローレンス、デビッド両兄弟がロックフェラー家の名前を大切にしたいという理由で、藤野がいる三菱グループを選んだ。


★麻薬

 アメリカでは一部ではあるが経済界が大麻合法化を支持している。ニューヨークの著名な為替トレーダー、ジョージ・ソロス氏が55万ドル、新自由主義経済学を提唱したノーベル経済学賞受賞者のフリードマン教授が150ドル、あのロックフェラー財閥のローレンス・ロックフェラー氏が5万ドル寄付している。彼らは「医療目的の使用」名目で大麻解禁運動に金を出しているが、実際は大麻の資源的価値、それに基づいた巨大産業としての企業化の可能性に期待しているのである。(大麻を繊維・燃料・紙・食品・プラスチックなどの化学製品の原料として利用すれば、莫大な経済的利益が期待できる。)


★スターゲート-公開間近?米国政府が明かすUFOの真実

 995年8月19、20日の週末にローレンス・ロックフェラーは、グランドテートンにある彼のワイオミング牧場にクリントン大統領を招待した。これについて「ニューヨーク・デイリー・ニュース」は、「ロックフェラーがクリントン政権に対して政府のUFOファイルを公開するよう強く訴えている」と伝えている。同じくニュースでは、ローレンス・ロックフェラーからホワイトハウス科学顧問、ジョン・ギボンズ博士に宛てられた書簡の内容が報告されている。その中でロックフェラーは、「政府は40年以上にわたるUFO隠しに終止符を打つべきである」と書いている。ロックフェラーは最近になって、UFOの研究に資金援助を始めた。それには3人の元宇宙飛行士の協力も含まれている。この研究内容は1996年初頭にホワイトハウスに提出される。



この中にこれから先の未来が示されているのかもしれないが、それが何なのかを私は知る事が出来ない。

ただ、UFOについての公開の事を示しているのならば、これ程嬉しい事はないかもしれない。







七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。




応援有難う御座います!


宇宙科学 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2404-7da88cf6

 BLOG TOP 


無料アクセス解析