文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

2012年5月2日に視た予知夢で既に「氷河期」について七曜は書いていたのだが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1099.html

現在の時間の流れが今やっと未来に追いついてきた様だ。
2012年から今2014年と、2年と7ヶ月の時間の差の中で気候学者がようやっと重い腰を上げてきた。


七曜的には今更な内容だが、人類はこの「プチ氷河期」を経験した後、「キル・ショット」を体験することになる。
そして更にその後には「大浄化」を目撃する事になるかもしれない。

しかしこれらは人類が地球に対してしてきてしまった仕打ちが還ってくるだけの話である。
自身は無関係だと思うだろうが、この地上に誕生したその瞬間からガイアの世話になっている事実は変えようが無い。

地球も生きているのだから、当然と言えば当然なのではなかろうか。
まあ、だがどちらにしても本格的な氷河期を体験しなくて済む事が私にとっては有り難いばかりである。

寒い時期に生まれても、やはり寒さは苦手だから・・・・・・。
人間の身体は本当に弱いと思う今日この頃だ。


記録的寒波に気候学者が警鐘「地球は氷河期に突入した」

2014.12.20 07:50 DMMニュース

http://dmm-news.com/article/903846/




雪
Photo by whitetail96 via flickr


 記録的寒波が押し寄せている現在、東京では例年より20日も早く降雪があり、厳しい冬になることが予想されている。日本のみならず、アメリカも大寒波に見まわれ、ニューヨークは既に12月はじめから積雪しているという。こうした世界の寒冷化現象について、アメリカの気象学者ジョン・L・ケイシーが衝撃的な説を発表して話題となっている。

 フロリダに位置するSpace and Science Research Corpの代表を務め、以前はNASAでスペースシャトルのエンジニアやコンサルタントとして関わっていたケイシーは、最近出版した著書『Dark Winter(暗い冬)』のなかで、地球温暖化説は間違いであり、地球は過去数年で寒冷化し続けていると警告。現在の寒冷化は1700年台後半から1800年台に起きた現象にもよく似ており、太陽が極小期と呼ばれる不活発な時期に突入した際に見られるものだという。こうした極小期には、太陽の黒点やフレアが減少すると言われている。

「自然のサイクルと統計データを見れば、太陽が地球の気候に影響していることは明らかです。ここ100年間の地球全体の気温チャートを見ると、2007年に急激に温度が下がっているのが分かります。この低下は過去100年で最大のものです」(ジョン・L・ケイシー)


長期的な寒冷化がもたらす意外な影響


 こうした主張を行っているのは実はケイシーだけではない。ロシアの宇宙物理学者、ハビブロ・I・アブドゥサマトフもまた、地球は既に小氷河期に突入していると主張している。二人は、太陽の活動が地球の気候を変動させている、という視点で一致しており、それは黒点によって観察できるとしている。しかし過去十数年来、環境保護活動家が警告してきたのはむしろ地球温暖化だった。この点についてケイシーは次のように批判している。

「そこには2つの根本的な間違いがあります。まず第一に、彼らが主張する温室効果ガス理論と地球の気温変化の関係は、CO2が増え続けた場合、気温も同時に上昇し続けるというものですが、実際にはそうはなりません。そして第二にその間は気温の低下が絶対に起こりえないというものですが、実際には過去11年に渡って寒冷化し続けているんです。」

 ケイシーは今後最悪の寒波は、2020年後半から2030年初頭にかけて訪れると予想。その際には食物や灯油を巡る争いが勃発し、米政府が農作物を輸出を禁止することまで予測している。さらに長期的な寒冷化により、地球の地層にも影響を与え、火山活動や地震が活発化することも懸念している。ケイシーによれば、近代アメリカで起きた最大の地震は1812年にミズーリ州のニューマドリッドで起きており、それは前回の極小期と一致しているという。またこうした地球の変化が人間にも影響し、社会変化が起こるとも指摘ている。1789年に起きたフランス革命は、前回の極小期が始まった時期であるという。ケイシーはこう警告している。

「現在の地球には、このように本格的で長期的な寒さを経験した人はいません。アメリカではなおさらです。事態は深刻なのです」

 現在の大寒波は、ほんの序章にすぎないのかもしれない。

(取材・文/木林純一)






七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。




応援有難う御座います!!感謝!


宇宙科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

温暖化詐欺

 今「温暖化していない」と叫んでも誰も真剣に考えない。
 これは進化論と同じ症状です。
 もう温暖化症候群は治癒できない。
 末期状態です。
 刷り込まれてしまったんです。
 DNAに組み込まれてしまった。
 国家間の温暖化対策会議とかのニュースが流れているから、これが固着してしまった。
 こんなデマ説で人類は間違ったレールを走り始めた。
 人類の滅亡は意外と早いのかも知れないね。
 寒さで滅ぶ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2405-c3750c67

 BLOG TOP 


無料アクセス解析