文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック


北朝鮮のサイバー攻撃能力、背後に中国か 専門家ら分析
AFP=時事 12月26日(金)16時52分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141226-00000029-jij_afp-int



北朝鮮のサイバー攻撃能力、背後に中国か 専門家ら分析



【AFP=時事】最近の複数のサイバー攻撃に関与したとして非難を浴びている北朝鮮だが、孤立して貧困にあえぎ、インターネット接続が制限されている北朝鮮が、いかにしてサイバー破壊行為を実行できたのかという疑問も浮上している。そして多くの専門家は、中国がこれに一役買っているとの見方を示している。


誰が北朝鮮のインターネットを止めたのか?



 米政府は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)第1書記を風刺したコメディー映画『ザ・インタビュー(The Interview)』をめぐり、北朝鮮が製作元の米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(Sony Pictures Entertainment)にサイバー攻撃を仕掛けたと非難した。この問題の焦点は(特に北朝鮮のインターネットが一時的にダウンして以降)米国対北朝鮮のいわゆる「サイバー戦争」に集まっている。だが一方で専門家の多くは、北朝鮮が攻撃を実行するには中国の関与が不可欠だと考えている。

 香港中文大学(Chinese University of Hong Kong)の政治学専門家、ウィリー・ラム(Willy Lam)氏はAFPの取材に「北朝鮮のサイバー能力は、ハードウエアとソフトウエアの両面で中国の支援に依存している」と語る。「その支援を通じて中国はある程度の管理を実現している。中国はこの立場の維持を望んでいるので、ハッキング問題を理由に支援を止めることはないだろう」

 東京に本拠を置く情報セキュリティーサービス会社ラック(LAC)の飯村正彦(Masahiko Iimura)氏によると、北朝鮮で登録されているIPアドレスはわずか1000個余り。これに対し米国のIPアドレスは15億個、日本は2億個だ。

 だが、北朝鮮の保有するハッカーは推定6000人で、「サイバー戦争」の実行能力は世界トップ5に入るレベルだと、高麗大学(Korea University)のサイバー専門家、李中英(イ・ジョンイン、Lim Jong-In)氏は言う。ハッカーの多くは、北朝鮮当局の委託を受けたソフトウエア企業に雇用され、遼寧(Liaoning)省丹東(Dandong)など中国の国境沿いの都市で活動しているという。

 北朝鮮は基幹ネットワーク回線を4本しか持っておらず、全て中国を経由し、中国連合通信(チャイナ・ユニコム、China Unicom)によって運営されている。

 韓国当局は、最近起きた韓国の原子力発電所へのサイバー攻撃にも北朝鮮が関与したとみている。捜査当局者によると、攻撃に使用したとみられるIPアドレスは、北朝鮮との国境に近い中国遼寧省・瀋陽(Shenyang)に割り当てられたものだった。



【翻訳編集】 AFPBB News


2014年12月22日の記事に書いたのが以下の記事になりますが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2410.html

まず、上記URLの内容を再度確認してから読んで頂きたいと思います。
12月22日の記事にも書きましたが、やはり、予想通り「アメリカ」は「中国」も巻き込んできています。
どうも彼らの計画通りに進んでいる感です。

戦争が始まるとしたらこの三国からの可能性は高い。
ただ、「アメリカ」がその思惑を通そうとするならば次に狙う国は「中国」であるかもしれない。



これが現実に起こされなければ良かったのですが、一度決めた計画は実行するのかもしれませんね。

さて、次にですがこの2011年12月18日に視たのは3年前の夢になります。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-945.html

ここでは以下の様に夢を視ています。

ロシア・中国・北朝鮮三国同盟による戦争準備が始まり
そうです。



これは下手をすれば「北朝鮮」 「中国」 「ロシア」の流れを生み出してしまう可能性が有ります。
「北朝鮮」は初めの切欠に過ぎず、本命は「中国」と蜜の関係に有る「ロシア」かもしれません。


まあ、「アメリカ」さんの考えることですし、その裏に蠢く存在もある事でしょうから、
目指すは「創造」の前の「破壊」でしょう・・・・。
我々の様な地球の小さな住人の力では対抗出来るものでもない上、権力もお金も有りません。

ですが、思いの強さは大きなものだと思っています。

「想像」が「創造」を超える力を有する事を彼の存在達は侮っているでしょう。
だからこそ、「平和な世界」を「想像」し、それらを心から祈りたいと思っています。

 










七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います。感謝致します!


宇宙科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2419-3f18dd81

 BLOG TOP 


無料アクセス解析