文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

2014年12月31日に視た夢。


2014年12月31日に視た夢は、「核爆弾テロ」。

近くには病院が視える。
そこの患者の一人が犯人の母親なのだが、病気のせいかその犯人を自分の息子だと認識出来ていない。


そこから少し離れた場所(特殊な研究施設?の様な場所)で犯人と仲間が核爆弾のテロを実行。
眩しい閃光が辺りを包み、目を眩ませる。
爆発した箇所には大きな穴が空き、土が変色していた。

情報の入ったチームが現場に駆けつけるが既に惨事は起きてしまう。





その様なくだらない夢が現実にならない事をただ祈りたい。




時間帯:昼間~夕方

国名:海外(不明)

日付:不明

爆弾の数:一つ

人種:不明(?)どちらかと言うと「テュルク系」に似た感じ(?)




七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!!感謝!


オカルト ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

核テロ

七曜高耶様

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

この話は前に見たことがあります。

キルギスが関係してるようです。

詳しくは比嘉さんのブログに載ってます。

http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-2226.html

Re: sapporojin様へ

こんばんは、sapporojin様。

明けましておめでとうございます!!本年もどうぞ宜しく御願い致します!

キルギスですか。

情報を有難う御座います!!
そう言えば、キルギスの夢を私も視たような・・・・・。


これが関係しているのかもしれませんね。
私自身も自分の過去記事を探してみます。少し記憶に有りますし。


今年も去年と同じく動乱の年になるのでしょうか・・・・。
人類とは本当に悲しい生き物ですね・・・。
今年こそは素晴らしい世界になることを祈りたいと思います!


そして今年もsapporojin様の情報フォローもお待ちしております(笑
すいませんv-356




七曜 高耶

No title

明けましておめでとうございます。


数年前、こちらに書き込ませていただいたと思うのですが、内容の酷似している夢を見ました。

時限式の小型核爆弾が仕掛けられるのは、研究施設の地下の薄暗い機械室のような所です。

私がそれを発見したときは、すでにタイマーが起動しており、爆発が迫っていました。

白衣を来た施設の女性に向かって私は、「核爆発が起こる!早く避難しろ!!」と言い、車に乗って施設を離れたところで爆発が起こりました。

私は腕に火傷を負ったようですので、被曝したものと思われますが、生きてはいました。

時刻は夕暮れ時。

施設は丸い円筒形の建物、屋根もドーム状で、外壁は肌色に近いレンガ色だったとはっきり記憶しています。

正面玄関の大きな自動ドアを出ると、車を止めてある道路に行くため、5・6段ほどの階段を駆け足で下った記憶があります。

もしかしたら私は、「情報が入って現場に駆けつけたチームの一員」の体験をしたのかもしれません。



Re: yoshi様へ

明けましておめでとうございます!!yoshi様。


本年もどうぞ宜しく御願い致します!!

夢情報を有難う御座います!!助かります!



> 数年前、こちらに書き込ませていただいたと思うのですが、内容の酷似している夢を見ました。
>
> 時限式の小型核爆弾が仕掛けられるのは、研究施設の地下の薄暗い機械室のような所です。
>
> 私がそれを発見したときは、すでにタイマーが起動しており、爆発が迫っていました。
>
> 白衣を来た施設の女性に向かって私は、「核爆発が起こる!早く避難しろ!!」と言い、車に乗って施設を離れたところで爆発が起こりました。
>
> 私は腕に火傷を負ったようですので、被曝したものと思われますが、生きてはいました。
>
> 時刻は夕暮れ時。
>
> 施設は丸い円筒形の建物、屋根もドーム状で、外壁は肌色に近いレンガ色だったとはっきり記憶しています。
>
> 正面玄関の大きな自動ドアを出ると、車を止めてある道路に行くため、5・6段ほどの階段を駆け足で下った記憶があります。




本当に酷似した内容ですよね。


> もしかしたら私は、「情報が入って現場に駆けつけたチームの一員」の体験をしたのかもしれません。


大概予知の出来る方はある種のテレパシー若しくは憑依に近い方法で未来の人間と同化出来ます。
未来の人間が体験するものを過去の人間が体験出来るという、説明が非常に難しい事なのですが、これをみると過去・現在・未来は一つのストローの中で交わっていると考えることが出来ます。

そして、未来を体験するのは過去を変更させる為のものですから、yoshi様の夢体験は非常に貴重なものであると考えられます。

有難う御座います!!

yoshi様もこれから夢をどんどん公表していくことで未来を紡いでいくのですね。
これからもどうぞ宜しく御願い致します!!





七曜 高耶

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2429-9eda427e

 BLOG TOP 


無料アクセス解析