■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    新たに惑星8個を確認 生命存在の可能性ある圏内!


    新たに惑星8個を確認 生命存在の可能性ある圏内
    2015.01.07 Wed posted at 15:52 JST



    NASA4.jpg
    生命存在の可能性ある圏内で新たに8個の惑星を確認


    (CNN) 広い宇宙の中で、地球以外に生命が存在する惑星はあるのか――。その答えに、科学者たちがまた一歩近づいた。生命存在の可能性がある圏内で新たに8個の惑星が見つかり、このうち2個は今までに確認された惑星の中で最も地球に似ているという。

    米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのチームがこのほど、米天文学会(AAS)の会合で報告した。

    8個の惑星はいずれも、公転する恒星から近すぎず遠すぎず、水が液体として存在できる「ハビタブルゾーン」に位置しているとみられる。惑星の表面は、地球と同じような岩石でできている可能性が高いという。

    特に有望なのは、「ケプラー438b」と「ケプラー442b」の2個だ。438bは直径が地球より12%大きく、地球型の岩石惑星である確率は70%。地球からは470光年離れている。442bは地球より33%ほど大きく、岩石惑星の確率は60%。地球からの距離は1100光年、ハビタブルゾーンに入っている確率は97%とされる。



    ただ同チームによれば、これらはまだ「有望な候補」にすぎず、生命が本当に存在できるという確証はない。

    米航空宇宙局(NASA)で昨年開かれた地球外生命探査についての会合では、NASAが2009年に打ち上げた「ケプラー宇宙望遠鏡」による観測の成果などに基づき、「もうひとつの地球が発見される日は、技術面からみてすぐそこまで近づいている」との見解が発表された。ケプラー宇宙望遠鏡は惑星が恒星の手前を横切る際、恒星が暗く見える現象を検出することによって、地球に似た惑星を探している。

    しかし、今回確認されたような惑星を実際に見ることができるのは何世代か先の望遠鏡になると、チームのメンバーは指摘する。人類がそこまで到達する日は、さらに遠い未来の話だ。同メンバーは、「まず火星に行くことから始めなければ」と語った。



    生命の存在を「可能性」として終わらすのにはあまりにもナンセンスであると感じている。

    地球だけが特別で、生命が地球にしかいないと思う事が既におかしい。
    どう考えても圏内の惑星にいるでしょう。
    そして、何故火星でなければならないのか?ですよね。


    さて、七曜が夢で得た情報は(夢ということで赦して下さいね)今のところこの様な感じです。


    金星:金星には「アール」と呼ばれる病気が存在し、絶食をする事によって完治させる事が出来る。
    だが、診断内容を間違うと死に至る場合もある。
    だが、これらの病気は地球上にも存在するもので有り、地球の医療で治療は可能な様だ。

    皮膚(?)の色が青や黄色の様な存在もいる多国籍(?)な星。


    オリオン:オリオンは日本とよく似た場所で、沢山の星の人々が立ち寄る観光名所の様な場所。
    V字型だけでは無く、葉巻型・エネルギー球体型他沢山の船が行き交う貿易の盛んな星。

    土星:かなり不安定な発展途上の惑星。地球より科学は進んでいるが、近いものがある。生活環境は過去のヨーロッパの様な状況。

    シリウス:統制の届いた統一国家。ターミナル完備。ターミナルに置かれたこの星の植物は、根の近くに花が咲き、言葉を理解する事が出来る様だ。但し、近づき過ぎると咬まれる可能性大。
    今、内乱が起きている様だ。


    木星:木星もターミナル在り。ここの人々は商売が好きな様だ。精神性、環境は地球とほぼ同じに見える。


    ゆり座・・・レプ・ドラコの植民地(奴隷星)


    結局、頂点に位置するのは爬虫類人類かもしれませんね。

    ゆり座が彼らの植民地星になったのと同じ様に今はこの地球も植民地化していますが、それでもまだ自由があると思っていますし、一部、彼らの考え方も変わってきていますから「V」みたいな事にはならないのではないかと思っていますが、皆様は如何思われますか??

    貴方は宇宙人肯定派?それとも否定派??
















    七曜 高耶




    クリック頂き有難う御座います!




    応援有難う御座います!!感謝です!


    宇宙科学 ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2015/01/08 06:37 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

    奇跡の惑星地球

     これは美辞麗句ですね。
     幻想です。
     何と言う傲慢なんでしょうか。
     人類、のほんの一部が特別だと思っているんですな。
     これが人類をミスリードしていますね。
     本当は宇宙の中で一番最低底辺の惑星なにのね。
     宇宙唯一だったら、そこで生きている知的生命体の心はもっと清浄な筈ですよ。
     だが事実はその真逆。
     アホですな。
     いつまで物質にこだわっているんでしょうか。
    [ 2015/01/08 09:23 ] [ 編集 ]

    知的生命体

    ある雑誌からの記憶ですが生体形状は人型やは虫類型といろいろあるが
    知能は彼らの方が遙かに上だとか。
    言語で話し合うのは地球人くらいで後はテレパシー?がほとんどらしいです。
    [ 2015/01/08 10:51 ] [ 編集 ]

    Re: 執筆者(雲刻)様へ

    こんにちは、執筆者(雲刻)様。


    コメントを有難う御座います!!

    まあ、ある意味幸せな種族(地球人)で良いかもしれませんよ~v-398v-22
    だって地球人は特別なのですから(笑
    ユーモアがあって楽しいかも。





    七曜 高耶
    [ 2015/01/08 14:11 ] [ 編集 ]

    Re: さのた様へ

    こんにちは、さのた様。


    コメント&情報を有難う御座います!!


    > ある雑誌からの記憶ですが生体形状は人型やは虫類型といろいろあるが
    > 知能は彼らの方が遙かに上だとか。
    > 言語で話し合うのは地球人くらいで後はテレパシー?がほとんどらしいです。


    そうなのですよね。
    ですから宇宙語は存在しないのですが、どうも「宇宙語」が喋れると言われる方がいらっしゃるのが面白いです。
    どうやって言語を特定したのでしょうかねv-398
    宇宙人と人類のハイブリットとしか考えられません。




    七曜 高耶
    [ 2015/01/08 14:17 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2442-8002d8f6