■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    2015年1月18日に視た夢。 「ナフサック」が役立つ?

    2015年1月18日に視た夢。

    2015年1月18日に視た夢は、「ナフサック」の声が。

    なので、「ナフサック」という言葉で検索をかけてみたのだが、


    「NAFSAC(Nitric acid functionalized steam activated carbon)」窒素酸性官能化された蒸気活性炭。


    と言うのが出てきた。


    この「NAFSAC」がどの様な形で役に立つのか判らないのだが、どうもこれが後々何か大切で重要なものになる様だ。


    抽象

    http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://link.springer.com/article/10.1007%252Fs11705-014-1430-1&prev=search


    水蒸気活性炭(NAFSAC)官能化硝酸は廃液石油コークス(FPC)から調製したNiMo触媒(2.5重量%のNiおよび13重量%のMo)の合成のための担体材料として使用した。 次いで、触媒を軽油の水素化処理のために使用した。 支持体及び触媒は、ブルナウアー·エメット·テラー(BET)ガス吸着法、X線回折、H 2 -温度プログラムされた還元、NH3、昇温脱離、CO-化学、質量spetrography、走査電子顕微鏡(SEM)によって特徴付けられ、ベーム滴定、およびフーリエ変換赤外分光法(変換FTIRを )。 SEMの結果は、炭素材料がHNO 3による官能化後の構造のような針を保持することを示した。 ベーム滴定、 FTIR 、及びBETの結果を、それぞれ、HNO 3官能化された物質は、中程度の酸性度を有することが確認された官能基を表面、及びメソ多孔。 生産NAFSACは、不活性な性質を持っていたシンク効果および少ない金属支持体の相互作用を示し、官能基を含有していた。 これらの全ては、それのNiMo水素化処理触媒の調製に好適な担体材料にする。 のNiMo / NAFSAC触媒の水素化活性研究は、原料としてコーカー軽油を用いた実験室トリクルベッド反応器中で、工業運転条件下で行った。 並列試験は、基準触媒としてのNiMo /γ-Al 2 O 3の水素化処理活性について実施した。 のNiMo / NAFSAC触媒の水素化脱硫および水素化脱窒素活性は、それぞれ62%及び30%であった。



    他、ナフサックに該当する言葉が無い為、多分この事で間違いは無いと思われるのだが、如何せん七曜の計り知れない分野である為、先程も書いた様に、何に対して役に立つのかが判らない。

    もし、この記事を読んで何か判る事が出来る方がいらっしゃいましたら是非お教え頂けると助かります。
    どうそ、宜しくお願い致します。
    有難う御座います!!



    因みに文を読む限りは「石油」についての事の様にも思えるのだが・・・・・・。





    七曜 高耶


    クリック頂き有難う御座います。




    応援有難う御座います!!感謝!


    宇宙科学 ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2015/01/19 07:19 ]Posted by七曜高耶 | 2015年予知夢 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2461-9f57f901