文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

超常現象や宇宙人、はたまたUFO等、それらの不思議な事や未知のテクノロジーの存在を信じていらっしゃいます方々に朗報です!

なんと!

米空軍のUFO調査記録「プロジェクト・ブルーブック」が情報開示されました!

と、言いましても多分この情報は氷山の一角でだと思います。
最も重要な情報部分に関しては開示していないと考えられます。


ですが、宇宙の謎やETI達の事を知りたいと思う方々にとっては素晴らしい第一歩になる事でしょう。


そうです。
あの名言の通り、

「ひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である。」

と、七曜は思います。


小さな集団も集まれば大きな力となります。
少しでも彼らに関しての知識が深まれば、それは素晴らしい宇宙時代への幕開けへと変わるでしょう。

以下に貼ってあるURLは1940年・1950年・1960年迄の30年間分の資料と他に日付の無い資料が存在しています。
たったの30年間のみの開示ですが、物凄い量です。

それではどうぞご覧下さいませ。

 米空軍のUFO調査記録「プロジェクト・ブルーブック」が情報開示され、
ウェブ上で誰でも閲覧できるようになりました。同調査は、1947~1969年に行なわれたもので、
1万2618件に上るUFO遭遇事例が対象となっています。


このうち、全体の5.5%にあたる701件の事例は、現在も未解決の謎として残っているといいます。
プロジェクト・ブルーブック関連の調査ファイルはこちらのサイトで年代別にまとめられており、
PDFで閲覧できます。

http://projectbluebook.theblackvault.com/

1940年代PDF:http://projectbluebook.theblackvault.com/1940s.html



未解決1
ラボックライト事件。1951年8月30日、テキサス州で目撃された群れをなして飛ぶ発光体。
米空軍の見解では、チドリの群れだった可能性が高いとのこと。
鳥の白い胸の部分に地上の都市の光が反射したと説明されている。



未解決2
1951年の冬、ニュージーランドで撮影された写真。
撮影者はUFOであると考えたが、米空軍はレンズ雲だったと結論。



未解決3
ケネス・アーノルド事件。1947年6月24日に自家用飛行機でレーニア山の上空を
飛行中だったケネス・アーノルド氏が9機のUFOを目撃。米国調査機関がこの事例に関心を示した。
写真は1947年7月12日にオクラホマ州タルサ上空に出現した類似のUFO。



未解決4
1965年4月15日、ネブラスカ州オマハで撮影されたUFO。詳細不明。


未解決5
1954年12月27日、ニューヨーク州ブロンクスで撮影された潜水艦型UFO。詳細不明。


未解決6
1949年、ロズウェルで撮影された写真。同様の写真が多数あるが詳細不明。


未解決7
1957年7月、オハイオ州で発見され、異星人文明由来ではないかと考えられた謎の石。
専門家は当初、100年前の隕石であるとしたが、後に見解を改め、氷河中の堆積物の破片であると主張した。



未解決8
1965年8月3日、カリフォルニア州サンタアナ、交通調査員レックス・ヘフリン氏がポラロイドカメラで撮影。
米海兵隊エルトロ空港上空を真昼間に飛行していたとされるが、他に目撃者はいない。



ブルー1
プロジェクト・ブルーブックのメンバー。
中央に座っているのが同プロジェクトの最後の長官ヘクター・キンタニラ氏。


http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2056



MJ-12

プロジェクト・ブルーブック(Project Blue Book)は1952年から1969年にかけて実際に活動した米空軍のUFO研究セクション。フィクションではない。




因みに、米海軍所属の将校であったミルトン・ウィリアム・クーパーによると、「マジェスティック12」説(MJ-12)とそれを暴いた文書は、「マジョリティー12」を隠蔽するためだけに創られた偽の暴露作戦であるという情報も有る。

こう言う時こそ「X-ファイル」のモルダーの出番かもね。

と、言う事で皆様による転載&ツイートで拡散して頂けると嬉しく思います。
宜しくお願い致します。有難う御座います!!










七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!感謝!!


宇宙科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

しかし

 異星人や地球外知的生命の存在を信ずる者は馬鹿にされ、蔑まされ、嘲笑されるプログラムを実行したのも調査機関である政府であった。
 調査とは名ばかりの、対一般庶民対策の広報活動に過ぎないのだ。
 信じる、信じないはどうでも良いんだがね。
 人の勝手だから。
 地球以外の世界もある事を理解せず(できず)、いつまでも未来永劫この地球に生まれ変わりするなんて事にならない事を祈る。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2472-e736c129

 BLOG TOP 


無料アクセス解析