■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    南海トラフ震源域から上昇

    本日、平成27年02月14日16時18分頃地震がありました。
    震源地は兵庫県南西部(北緯35.0度、東経134.6度)で、震源の深さは約10km
    地震の規模(マグニチュード)は3.7と推定されています。

    我が県でも突き上げる様な地震を体感しましたが、震度1程度の軽い揺れだったにも拘わらず、
    初めて経験する様な衝撃でした。

    徳島の時と同じ様な直下型地震に思えました。
    南海トラフ大地震で想定される震度は最大M9とされています。

    地震が起きる度に毎度書いていますが、
    七曜的に今回のこの程度の地震で驚いている位ですから本番はかなり厳しいかもしれません。

    本当にどうしよう・・・・・。


    南海トラフ震源域から上昇=海底泥火山を掘削分析―海洋機構など

    時事通信 2月14日(土)6時6分配信


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150214-00000014-jij-sctch





     紀伊半島南東沖の深海底に泥状の堆積物が噴出した「泥火山」を探査船「ちきゅう」で掘削し分析したところ、大地震の震源域となる南海トラフのプレート境界付近から上昇してきた水分が含まれていたと、海洋研究開発機構の西尾嘉朗技術主任や琉球大の土岐知弘助教らが14日までに発表した。
     この水分は海側プレートが陸側プレートの下に沈み込むのに伴い、岩石から分離された水と考えられる。プレート境界が急に滑って起きる地震には水分が関与しているとの見方があり、分析結果は境界付近の状態を解明する手掛かりになると期待される。 


     ちきゅうで2009年と12年に掘削したのは「熊野海盆第5泥火山」で、1944年に起きた東南海地震の震源近くにある。水分に含まれるリチウムの同位体比率から、かつて210~310度程度の高温になったことが判明。海底下15キロ以上の深いプレート境界付近から湧いてきたと推定された。
     論文は国際的な科学誌「アース・アンド・プラネタリー・サイエンス・レターズ」電子版に掲載された。





    打ち上げられたクジラ100頭死ぬ=NZ
    時事通信 2月14日(土)14時59分配信


    クジラ

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150214-00000060-jij-asia


     【ウェリントンAFP=時事】ニュージーランド南島の北岸に13日打ち上げられているのが見つかった大量のゴンドウクジラのうち、103頭が14日までに死んだ。自然保護当局者がAFP通信に明らかにした。残る90頭余りの保護に全力を挙げている。
     クジラが打ち上げられた後、救助隊が満潮を利用して海に戻そうとしたものの、13日深夜以降に再び流れ着いた。
     当局者は「打ち上げられるたび、クジラの健康状態が大幅に悪化している」と指摘。14日も沖合に戻す努力を続けるが、成功しなければクジラの安楽死も検討せざるを得ないという。 








    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います!!




    応援宜しくお願い致します!感謝!!


    地震 ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2015/02/14 21:00 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(9)[記事編集]

    No title

    始めまして。
    昨日、熊本でも震度1、M3.7 震源の深さ10キロでした。時間ははっきり覚えていませんが、そちらよりすこし早い時間だったと思います。あまりにも共通するところが多いのでコメしました。またなにかありましたらコメしますね。
    [ 2015/02/15 13:13 ] [ 編集 ]

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2015/02/15 13:24 ] [ 編集 ]

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2015/02/15 13:54 ] [ 編集 ]

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2015/02/15 14:55 ] [ 編集 ]

    今の記事に全く関係ないですが…

    電子洗脳以外に、近い分野の洗脳について提示しておく必要があります。アセンションやプレアデス・アルクトゥールスなどに繋がりがある媒体でもある(@_@) ↓↓↓
    ヘミシンクは危険
    10/1/30 07:23(54|0)
    私は毎日「ヘミシンクR」の「被害者」のカウンセリングをやっています。「長期間」「長時間」「ヘミシンクR」を使用している方は皆「脳」の「セロトニン」に「支障」をきたしています。
    「セロトニン」に「支障」があると「自分が暗示にかけられている」「洗脳されている」という事に「気が付く事」が出来なくなってしまいます。ですから「患者さん」は「家族」に付き添われて来ます。
    「患者さん」は「長期間」聴いていた為「ジワジワ」と「悪魔」に「脳」を「乗っ取られて」います。ですから「患者さん」本人は、もう自分で「判断」が出来ません。ですから「カウンセリング」の「効果」も中々現れません。

    「モンロー研究所」は「単独」では無く、バックには「強い組織」が存在し、そのバックには「得体が分からない組織」が存在しています。サイトで「検索」しても「ヘミシンクR」を「否定」するサイトは余りにも「数が少な過ぎ」ます。これは全てバックの「組織」が「揉み消す」からです。

    質問者様はヘミシンク」は初めてでしょうか?でしたら「おススメ」は出来かねます。

    モンロー研究所については「超常現象、超能力、霊能力」を「真摯に研究している機関」と、何年も前から、色々な方の著書で紹介されています。「ヘミシンク」を行う環境はしっかりとした研究所が必要だとも言われています。「ヘミシンク」というのは「元々身体から精神を離脱をさせて浮遊体験をする為に開発した音」⇒いわゆる「霊魂というものの証明」の為と言われています。「脳」を「音響的に混乱」させて「おかしな感覚を体験する方法」という事です。「超常体験」の部分だけを言えば「LSD」等の薬で「幻覚」を起こさせて洗脳した「オーム心理教」の事件と全く同じシステムで、薬の変わりに音を使っただけです。

    ですから「現代の医学や科学」で「安全である」という保障が欲しいのであれば、それは「無理」です。決して医療的な治療の代わりにはなりません。

    「大脳生理学」や「音響科学」の分野の知識で説明すると、このCDは「脳の中に混乱」を起こすので「長時間」もしくは「長期間」聴いていると「船酔い」「めまい」「幻覚」「幻聴」「平衡感覚がおかしくなる」「自律神経の異常」等を引き起こす可能性があります。「音の感覚の左右差」というのは「平衡感覚」「音源の位置情報」「周囲の環境の変化情報」等と密接に繋がっている為、それらの「変動情報」を耳に入ると、脳は「緊急事態かもしれない」とそれの分析を優先させるからです。人によっては「ちょっと聴いただけ」で「めまい」を起こしたり「平衡感覚がおかしくなる」事もあります。

    「ステレオシステムのスピーカー」で音楽を聴くと、音に「立体感」が出て、「各楽器の配置」が解るような気がするかもしれません。これは「左右のスピーカー」から出る「音の差」を「脳」が分析して、頭の中に「架空のオーケストラの配置」を作り出して、それを楽しんでいるだけです。

    「ステレオの音楽」であれば、そこには楽団は居ません。「レコード」「CD」という物の中に「記録されたものである」という事を自身は認識してるので、その「架空の楽団」を「楽しむ」という事は出来ますが、「何だか解らない音」が「左右差」をもって飛び込んで来ると、「脳」は混乱します。
    又「リラックス」「仕事が捗る」というのは、本来「有り得無い刺激」を与える事で、「脳」がびっくりして「脳内」を一時的にクリアにする為、そういう効果がある、と思われるだけです。「余計な刺激」が重なる分、「脳は」それの分析を繰り返す為「長時間」聴くと、かえって疲れてしまい、作業能率などは下がると言われています。

    「音楽療法」「自律訓練」にもなる、と言われていますが、これは、元々「精神科医」が「患者様」を診察した結果、その「患者様」に「最も適合する」と思われる「内容」を「音楽療法士」「臨床心理士」が行うべき事です。ですが、これも「失敗」した場合、「患者様」の症状は悪化する為「慎重に慎重」を重ねて「プログラム」が組まれます。

    もちろん「ヘミシンクCD販売サイト内」では「ヘミシンクCD」を「絶賛」するでしょう。「信者」はもちろん「絶賛」するでしょう。
    ヘミシンクの危険性
    http://blog.livedoor.jp/war_project/archives/51437670.html
    http://blog.livedoor.jp/war_project/archives/51438813.html
    http://hemisync.jugem.jp/?month=200703

    ***
    以上、端折ってコピって来ました。軍事的な征服が困難だと、次は洗脳分野の強化(._.) 知識が必要です。
    [ 2015/02/16 09:50 ] [ 編集 ]

    Re: ラムセス2世様へ

    こんにちは、ラムセス2世様。


    コメント&コピペ有難う御座います!

    モンロー研究所は七曜的に興味のある分野です。

    モンロー研究所が販売するヘミシングを聴きましたクライアントさんが「鼻血が出てきた」との報告が有りました。
    どの様に脳に伝達するのか判りませんが、影響の高い人と低い人がいるのは確かな感じですね。





    七曜 高耶
    [ 2015/02/16 12:30 ] [ 編集 ]

    Re: kirakira様へ

    こんにちは、kirakira様。


    はじめまして、七曜高耶と申します。
    この度はご訪問下さいまして有難う御座います!!


    > 昨日、熊本でも震度1、M3.7 震源の深さ10キロでした。時間ははっきり覚えていませんが、そちらよりすこし早い時間だったと思います。あまりにも共通するところが多いのでコメしました。またなにかありましたらコメしますね。



    これから徐々に本番へと入っていきますが、情報やその時ふと感じた事等を教えて頂けますと助かります。

    是非次回も訪問下さいませ。
    宜しくお願い致します!

    有難う御座います!!






    七曜 高耶

    [ 2015/02/16 12:40 ] [ 編集 ]

    ヘミシンクの…

    問題は、サブリミナルや音のスカラーではなく… CD-ROMに仕込まれたマイクロチップにあると思います。

    そして、仮にマイクロチップを想定して何らかの処理をするとしても方法としては強力な磁気や電流若しくはマイクロ波や電圧を掛ける事になる。
    当然、ヘミシンクの音楽等々CDの全てのデータもダメになって使えなくなりますよね?

    つまり、誰も確かめられない。マイクロチップ自体がかなり前から1㎜以下で作られ、ナノ技術の発達に伴い肉眼では確認できないレベルかも知れません。

    それが、ある日突然起動して脳や意識にトンでもない悪影響や指向性を持たせて集団自殺や殺人などが一気に勃発する危険性があると言うことです。

    鼻血が出ること自体は、私などでもネガティブ思考が蓄積したお客さんと関わった後に、相手の脳のネガティブ波動の転写が為されて自分の脳に汚血が発生することで、お風呂の時に体内から排除する為に鼻血が出ることが何度かありましたので、その人の場合は音の干渉波によって脳内の血流が過剰になり、ストレスなど重たい波動性を帯びた血が、鼻血として出たのでしょう。それでも確かに頭はある程度スッキリするはずですが… 体験すれば不安でしょう。

    ただ、頭をクリアにして運気を上げたり健康にするには、同じ干渉波を使ったものでも、倍速や高速モーツァルトをヘッドホンで聴くので充分な効果が得られます。
    私などは、日常の様々な電磁波や人のネガティブ意識をとにかく払拭するのに、超高速モーツァルトを聴いてましたが問題は無かったです。

    マキノ出版から2枚出て、バックナンバーになっているのと、山岡尚樹という方が自分で出しているものがあります。
    マキノ出版からのは、安上がりで済んで効果もあります。私はこちらを2枚持っていて、以前はよく聴いていましたが最近はサブリミナルCDを頑張っています♪

    まず、この手の物を購入できるまでに個々人の努力や思いが好ましいものでないと、良いツールには出会えません♪

    ともかく、普通に国内でまともな人が製作したようなものでないと、ホント怖いですよ。実際にヘミシンクでの自殺者もいて… ヤフーブログで「妹を返してくれ(;-;)」って、ずっと悲しみに暮れていた青年がいました。

    だから、私は誰にも買って欲しくない(._.)
    [ 2015/02/16 21:46 ] [ 編集 ]

    ヘミシンク

    脳内のセロトニン量の計測方法を教えて下さい

    バックの組織はどんな名前か教えて下さい
    [ 2015/03/12 20:29 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2515-e59b4e03