文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック


「シャンバラ」・・・・とかの話は七曜的に縁の無いものと思われていたのだが、昨日ある人物から非常に興味深い話を聴いてしまった。
その人物とは。

何と「宮司」さん。

日本でも有名な「伊勢神宮」「春日大社」「出雲大社」とお努めをされていた方なのだが、

中でも面白いのが「出雲大社」である。

何故「伊勢神宮」から「出雲大社」へと遷宮するのかの秘密も理解出来る。

表の情報がどうであれ、その裏の秘密には心躍らされる内容だった。


釈迦が予言した理想世界で、1000年の寿命を持つ人々が平和に住む楽園とされている。
チベットのサンボ渓谷にその出入口があるとされ、ロシアの芸術家・探検家のニコライ・レーリッヒがシャンバラ・シンボルの撮影に成功しているそうだ。
 そのシンボルと同じものが「出雲大社の心御柱跡」で、そこに「宇宙人の基地」が在るのだとその宮司は言う。
(いきなりそこからくるか~~~ と、ツッコミを入れそうになった(笑 )

柱

シャンバラ・シンボルがどうであれ、身近な場所にその基地を構え、位の高い宮司達にとっては「宇宙人」と言うものは至極普通の話だった事が意外で驚いた。

しかも、その「宇宙人」達と当たり前の様に「会っている」と迄断言した。

だが、そう考えると、大社の役目と言うものは只の隠れ蓑に過ぎず、心御柱は彼らに対する供物を捧げていた場所だったのかもしれない。

因みに「宇宙人」の種類は様々で、世間的によく知られているグレイタイプだと、「2m」タイプや子供位の「1m~」の者達が多くいると言う話だ。

まあ、結局の所、宮司の役目とは何なのだろう?と思うところだ。


米研究者、異星文明をコンタクトを取るときがきた!

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_15/282887473/





アメリカ科学振興協会(AAAS)の毎年の会合で行われた会議では、米国のリサーチャーは、異なる世界の知的生活とコンタクトをひらくため時期としては今が最良との見解を表した。


カリフォルニア州のSETI研究所は宇宙からのシグナルのキャッチをすでに30年以上にわたって続けている。ところが異星に知的生命があることを示す何らかの証拠を発表するまでには至らない。

SETI研究所のセフ・ショスタク所長は「模索を活発化させるときがきた。われわれの多くは宇宙からのシグナルをキャッチするだけでなく、地球からのメッセージを近場の星に届けることにも関心を持っている。これにより、いつの日が返答をもらえるチャンスは高まっている」と語る。




Vesti.ru



最後に「宮司」さんが言った言葉はこうだった。


「俄かに信じれない話でしょうが、これは事実なのですよ・・・・・」




Broadcast live streaming video on Ustream

上記の話を前提に、意外と有り得る話をこの方(飛鳥昭雄氏)は出しているのかもしれない。
が、氏の場合は全てが真実ではなく、嘘も入っているとみている。
でも、限りなく近い・・・・・・。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援感謝致します!!


宇宙科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

事は意外と

 ソフトランディングに起きるんだろうね。
 もう基礎は出来ている。
 後は一般庶民が意識するだけ。
 普通に。
 エンターテイメントの領域の内はまだまだ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

面白いこと♪

忘れてたなり(._.)

アメリカ製UFOで、TR‐3Bってあるでしょ?YouTubeの動画にズラーッと並んでアップされてる。あれは元々シャンバラの墜落機を分析して作られたもので… 3角タイプのシャンバラ機は、白山の頂上付近で見たと以前話したと思うけど、それと違うタイプの3角でも外側が枠のようなライトで赤っぽく光るものまで投稿されててビックリ☆

だってあれに、件の月にいるグレイと白人のハイブリッドが乗ってるのに何でYouTubeにあるの?
まだ見出ししか観てないけど…

あの子らも、私が怖い。グレイと一緒でいぢめたから(*^ー^)ノ♪

Re: 執筆者(雲刻)様へ

こんにちは、執筆者(雲刻)様。


コメントを有難う御座います!!


>  ソフトランディングに起きるんだろうね。
>  もう基礎は出来ている。

そうですね。
かなり昔から基礎は出来ている様ですが、まだ「信じる」「信じない」の域を出れていない様に思えます。

「信じる」「信じない」のレベルでは人類にとっての魂の覚醒はまだまだ先になりそうですね。


>  後は一般庶民が意識するだけ。
>  普通に。


本当にその通りだと思いますが、まだ受け入れの準備が出来ていないのでしょう。
元々自分達の魂が何処から来ているのかを考えれば、意識しやすいのでしょうが、生まれたら動いていたと言った短絡的な考え方しか持っていないのかもしれません。


>  エンターテイメントの領域の内はまだまだ。


そうですね。
しかしまずはエンターテイメントから始めていくしかない感じです。
だから「映画」と言うものがあるのでしょう。




七曜 高耶

なるほど・・・

シャンバラは「アシラの王」ですから、そのシンボルを「アシラ=柱」で現したと・・・

興味深いです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2517-85ddb76e

 BLOG TOP 


無料アクセス解析