■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    選ばれし100人。 世紀のリアリティショーが間もなく始まる!!

    3年後に迫った「マーズ・ワン プロジェクト」。

    100人にまで絞られ、幸運にも勝ち残った100人が目指すのは新たな地球「火星」だった。

    その様子はまるで「エデン」を追放されたと言われる「アダム」と「イブ」。

    だが、彼らは智慧を身に付け飛び立った(?)地球人の過去であり、宇宙から堕ちた先祖でも在る。

    しかし、今やその人類の遺伝子も薄まり、只の地球人と成り下がっている。
    因果なものだ。

    過去は繰り返されるのだな・・・・と思う今日この頃。
    火星に昇り、そしてまた智慧を付け、宇宙戦争を繰り返す事にならなければ良いが、可能性として、選ばれた者達の子孫が起こす可能性は大きい。



    火星へのワンウェイ・チケット、100人の手に

    http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_18/282938628/


    火星11
    Photo: RIA Novosti


    地球へ後戻りできない火星移住を提供する企業「マース・ワン」が希望者リストから100人の人選を終了した。同社のサイトが明らかにした。


    応募者はあわせて20万陰。2013年末、候補者は1058人まで減らされ、さらに2014年の初頭の段階で660人に絞られていた。
     最終審査に残ったのは男女それぞれ50名。内訳は北米出身者が39人、欧州からは31人、アジアからは16人、アフリカ、そしてオセアニアからは各7人で、ロシアからは5人、ウクライナからは男性一人が入った。
     2018年までに同社はテストモジュールを火星へと打ち上げ、その年の半ばには4人の宇宙飛行士を乗せた宇宙船を打ち上げる予定。これらの人々が火星に最初のコロニーを作り、地球へはもう帰還しないものと見られている。
     非国営のオランダ企業「マース・ワン」社は人類による火星でのコロニー建設を目的としてバス・ランスドルプ氏によって創業。ミッションが成功すれば、リアリティーショーが行なわれ、火星の生活がリアルタイムで生中継される予定。








    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。




    応援感謝致します。有難う御座います。


    宇宙科学 ブログランキングへ


    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2015/02/18 09:38 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(2)[記事編集]

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 2015/02/18 13:25 ] [ 編集 ]

    いわゆる

    世捨て人。
    [ 2015/02/18 19:01 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2521-bbf09247