文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、「NY 心霊捜査官」と言う面白いドラマを最近見つけた。



全て実話に基づいたお話になっているそうだ。

構想に10年を費やし、禁断の完全映画化に成功。
元NY市警が体験した”恐すぎ閲覧注意”の「実話」の内容になっている。

NYブロンクスで活躍した元NY市警巡査部長ラルフ・サーキが体験した恐ろしい事件とは、人ならざる者達と自身の暗闇との戦いでもあった。


しかも物語の舞台となるNYで、実際にロケを行い、実存する建物や家屋で撮影をしている。
不気味な気配の残る家屋で撮影とは恐ろしい・・・。と言うか流石とも思える。

よりリアルさを求めるのならば絶好の場所だ。




ボストン・ヘラルド紙はコメントを出している。


・何週間も眠れなくなるほど気味が悪い、
 『NY心霊捜査官』は後をひきずる…



と言う位の作品に仕上がっている。

日本でも「やりすぎ都市伝説」に出演した「北芝健(犯罪学者・元警視庁刑事)」もこの映画にこうコメントを出した。


・凄まじい映画だ。EVILと英語で呼ばれる悪は、単に外国の存在ではない。
私が警察で捜査に従事している時分から闘ってきた“人を害する力”である。
この映画はその本質を描き切っている。



悪魔と言う存在が何なのか?
何故、悪魔が存在しなかればならないのか?


判らない事は多いものの、それでもそれらは確かに存在し、この世に跋扈しているのだ。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。





応援有難う御座います!!


オカルト ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2523-7bf5d6f4

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料アクセス解析