■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    ウクライナ軍の捕虜将校が衝撃の証言、破壊班を組織したのは米国

    然も有りなん的な内容が「VOR」より出されていましたので、転載しています。

    記事には「ウクライナ軍の捕虜将校が破壊班を組織したのは米国であると証言した」と書かれています。

    穿った読み方をしますと、「VOR」ですから敵国である米国よりは、自国のロシアを贔屓にして当たり前ですよね。
    しかし、こう言った事を現実に起こすのが米国のお得意の方法と知っている陰謀論者にとっては、証拠はなくともこの内容は信用に足るものと思う事でしょう。




    2月 19 , 01:20
    ウクライナ軍の捕虜将校が衝撃の証言、破壊班を組織したのは米国

    http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_19/282959957/


    ロシア6 © Photo: AP/Petr David Josek


    ドンバスで義勇軍側の捕虜となったウクライナ人将校のミハイル・アリョーシン氏は尋問の際に、米国諜報員の指導のもとに破壊工作グループの要請が行われている事実を明らかにした。アリョーシン氏の尋問の模様は録画され、情報ポータル「ブロクノート」の手に渡った。


    アリョーシン氏によれば、1月、ウクライナ軍基地には米国諜報機関の2人の職員が滞在していた。1人はデヴィッド・ヘイグ(通称「セールィ(グレーの意)」、もう一人はディラン・コンノス(通称「ガン」)。


    「翌朝、我々には義勇軍のテリトリーの後方で大規模な破壊工作を行うため、班を組織するよう命令が下された。破壊工作の主な目的は、住民の大量殺害の罪をドネツク人民共和国およびルガンスク人民共和国の軍になすりつけることにあった。」


    アリョーシン氏によれば、2つの諜報グループが組織され、ドネツク人民共和国軍の軍服を着せられた。この者達は市場、バスの停留所など人口密集地域を狙い、爆破装置を仕掛けねばならなかった。標的には子どもの通う学校まで含められた。
    この他さらに2つのグループが組織され、ロシア方面に働きかける使命を与えられた。



    ウクライナ軍のアリョーシン将校のこの証言をドネツク人民共和国国防省エドゥワルド・バスーリン副司令官は確認。副司令官はウクライナ安全保障庁をロシア軍の権威を失墜させたとして非難した。

    アリョーシン将校はまた、ウクライナ軍司令部は当初からミンスク合意の条件に遵守していなかった事実を認めている。ミンスク合意では2月15日より、ドンバスでの軍事行為は終了されなければならないことになっている。




    結局、この世は「陰謀」によって動いているのですよね。

    それを国民が「いつ知るか」それとも「知らずに終わるか」で、この世を「陰謀」で支配している支配層にとっては、「騙しやすかったり、騙しにくかったりしていくのだと思います。

    「無知の知」で有り「無知は罪」で有る事を己が知る事で、この世は目まぐるしく変化していくかもしれない・・・・。




    七曜 高耶




    クリック頂き有難う御座います!!





    応援宜しくお願い致します。有難う御座います!!


    オカルト ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2015/02/22 10:19 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(3)[記事編集]

    No title

    ものの捉え方として、
    ①「ある事件が起きた結果、それに対処する為に対策がとられた」という風にのみ、一般的には考えられているが、
    ということは、
    ②「あえて対策をとるために、ある事件がおこされた」という逆説が十分可能であって、そのとられた対策が「ある特定の国や企業にとって有利なもの」であるなら、
    そういう連中が起こしたのではないかと、まず疑って当然なのに、それを言うと「陰謀論」だと言われる。
    要するに陰謀論扱いする連中は「この世の中が善意でのみ動いていると考えている脳内お花畑な人々」である。
    [ 2015/02/22 15:56 ] [ 編集 ]

    こんな

    下らん社会、文明、惑星。
    もうどうでも良いわ!
    好きにせい!
    [ 2015/02/22 20:18 ] [ 編集 ]

    でもね

     私利私欲にまみれた権力とカネを持った連中は、この状態を未来永劫維持しようとする。
     維持する為には偶然に任せられない。
     自分の為に周辺環境をコントロールしようとする。
     その布石が予言であり、それを現実化しようとする。
     予言は予定である。
     一部の人間の私利私欲の計画である。
     この計画こそが「陰謀論」となって世に出る訳である。
     仮に¥¥¥とそれ以外の人。
     私でも良い。
     あまねく人々。
     どんな人も、カネと権力を持つと、それを維持しようと考えるだろう。
     それが自然な心の動きだろうね。
     他の人に分けようとはしないだろう。
     その為にはどんな事でもする。
     人も¥すだろうね。
     自然現象と偽って、圧力も掛けるだろうね。
     国を動かそうとする。
     表の政治を裏の政治でコントロールする。
     物事は総て、表裏一体である事は誰しも知っている。
     裏があるから表があるのだ。
     多分表向きな組織だけでは、この下らない社会はこんなに巨大に肥大化しなかっただろうね。
     裏社会があったからこそ、こんなに膨れ上がったんだよ。
     現実に子宮頸癌ワクチンは変な作用を示すし、マイナンバーもおかしい事になっているよね。
    [ 2015/02/22 21:54 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2526-0f9b6b2a