文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

おはようございます、七曜高耶です。

2日前の事です。

実は七曜の一番下の子供(小3)が、川崎の中学校1年だった上村遼太さんと同じ目に合っており、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000006-mai-soci

校長を含め、そのグループの親御様の方にその実態を伝えさせて頂いております。
去年の夏頃からその兆候が見え始め、個人懇談の時に担任の先生に相談させて頂いていたのですが、全く動いてくれる気配も無く、今回校長を巻き込む事でその実態調査に乗り出してくれる事となりました。

ですが、その結果、恐ろしい事が判ったのです。


我が子はその様な素振りを全くみせず、友達と喧嘩をしただけだと言い張りましたが、親の私から見れば、そのおかしさに気付きます。

しかし、まさかまだ低学年であるその子供達がその様な事をするとは考えもしなかったのです。


その実態調査の結果とは、


5人の子供達が私の子供の手と足を掴み、動けなくした上、「腹を殴る」「顔を殴る」の暴行をしていたのです。

まさに上村遼太さんと同じ事をされていたのです。

物凄く心が痛みました。

この様な事を低学年の子供達がするなんて・・・・・・。


そしてその後実態調査の結果を、その親御さん達に校長から伝えて頂いたのですが、一人は加害者の子供の母親が「先生のせい」にし、一人は父親が「被害者である我が子(七曜の子供)のせい」だと言い触れ回っているのを耳にし、他3人の親御さん達は学校の呼び出しにも顔を出していません。

理由は「仕事が忙しいから」や「子供を守る為に他の学校に行かせている」「子供を欠席させ、学校に行かない」等、です。


「子供の落度は親の落ち度」になってしまうからでしょうか?
わが身可愛さにその様な事をするのでしょうか?

しかし、5人の子供達の未来の為に、事実に向き合うべきだと思っています。

我が子はその様な事をされたにも拘わらず、相手を「赦し」、尚且つ「仲良くしたい」と言っているのに・・・・。

例えその場から逃げたとしても、その子供達はきっと違う場所でも同じ事をしてしまうでしょうし、上村遼太さんの様に行為がエスカレートし、相手を死に至らしめるかもしれません。

我が子も自殺まで考えていました。

私は泣き寝入りなどしません。
愛する子供の為に、徹底的に戦います。

我が子の為であり、全国のいじめを受けている子供達の為に、容赦はしません。

相手の出方次第では「法律を遵守」しながら行おうと思っています。


本音は親を呼び出して同じ目に合わせてやりたいのですがね・・・・・・。
それだと同じ土俵に乗る事になってしまいますから。

そうならない為にも自身にブレーキをかけながら戦い抜こうと思います。


いじめ被害に会われておられる方、どうか心を強くもって下さい。
子供を助けられるのは貴方だけなのですから。
後悔する人生を歩まない為に強くあって下さい。
戦うのです。





七曜 高耶


多くの被害者の方の為にツイート&転載をお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

今日の記事を読ませて頂いて、驚き同時に、大変、心が痛みました。
上村さんの事件も、人ごとではないと、心痛しきりでしたが、まさか、七曜さんのお子さんも、そのような状況に巻き込まれていらっしゃったとは・・・。

でも、気付かれてなによりでした。

家の子どもも、低学年の頃から、苛めにあってしまい、その事が切っ掛けで不登校になり、人を信じられなくなりました。
自殺の危険もありました。
学校は、動いてはくれません。
家族と、協力してくれる友人、同じ立場に居る人だけが、頼りです。  どうか、負けないで・・・・。

微力ですが、ブログに転載させて頂きますね。

うわさ


学校という小さな世界で起きたこと。
そして、その小さな世界で数年間は生きていかないといけない。


あの子が悪い、親が悪いと噂を流す・・
『自己防衛』ですよね。


だから、自分の子供が仮に「腹を殴っても」「顔を殴っても」
自分の子供は悪くない・・と【噂】を流す。


噂が小さな世界に知れ渡り、悪い噂を流されたご家族が
困り、身動きが取れなくなる。


これで、また苦しむ。



情報戦をどう操るか・・だと思います。

実際は、情報戦に参加するのではなく
七曜様の『お人柄』とかが知れ渡ると良いと思います。

その『お人柄』が、きっと知らない味方を引き付けて
助けてくれるかと思います。

人々が善悪をジャッジするときは、ジーッと見ています。
観察しています。

困難な時ほど、人が何も言わず見ています。
そして、その時、七曜さまがどう動き
どのような対処をするのかを窺っています。

その時、その時、感情をあらわに出さず
正しい行動をとれるかどうか・・

それによって、何も言わない味方(応援)がどんどん増えてきます。


ワタシ流のお話で参考になるかどうかわかりませんが
微笑んで、やることをヤルんです。(笑)

あら・・悪いことはしませんよ。

負のオーラを出さずに、正当なやり方で、真っ当な事をやるんです。


まぁ、元々がブラックなことばっかり言っている私ですが
私は、そう思いますね~


で、もし、仮に、その時、上手くいかなくて負けたとします。
でも、その後、その方々は世間様がお許しにならず、ひどい目にあいます。

その破壊力は半端ないので、その方々は、いろんなモノを失うでしょう。


七曜様があまり『感情的』にならず
証拠集め、法的処理を坦々と行うのがイイんじゃないかと思います。

やはり、準備は大切ですよ~。


やることやって、堂々となさっていたらどうですかね?


・・あまり参考にはなりませんでしたか?(汗)


はは・・元がブラックなもので・・(笑)


殴られた後は、写真をとって証拠集め。
なんでしたら、そのたびに病院に行って診察いう記録作り。
まぁ、基本ですわね。

そういうのって、結構役にたちます。

医師の目による判断です。
他人様の、御見立です。

親子の目だけの判断と違って、冷静な判断ですからね。

訴える準備ではなく、子供の身体が心配だから・・
今のところ、それでイイんじゃないですか?


別に戦うわけじゃないんですが、準備だけはね~・・


裁判で勝つぐらいの証拠集めが有力です。
でも、学校という小さな世界での出来事。

勝った負けたで勝負がつく問題じゃなくて
こども達の『心の傷』の問題が一番の問題じゃないかと思います。

仲良くが一番ですよね~・


七曜さま、頑張れ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

賢く思慮深いお父様が付いておいでですから
きっと良い展開になると思います。
川崎の事件はそのような大人が居なかったから悲劇が起きたものと思います。
応援しております。

No title

私もそうでしたが…学校でいじめられてる!友達に○○されてる!なんて、家族にはなかなか言い出せないものです。。
末っ子さん、一人で踏ん張ってくれていたんですね。
更なる大事に至る前に、ご家族が気付かれて何よりでした。

お相手は、様々な手段を用いて自己保身を続けるのでしょうが…
七曜さま親子を応援しております!!

No title

大変ですね!
でも良く気づかれました。
子供は自分からはいえないので気がついて上げられたのが最高によいことだと思います。
何事も初めが肝心なのでしょう。
加害者を正当化して大人になってしまったら、大変なマイナスです。他に被害者になる方を増やすかも知れません。
勇気に脱帽です。

No title

七曜様、

いじめの低年齢化が言われるようになって、随分たちますが、まさかそんなひどい状況になっているとは、驚きです。

川崎の中学生の結末は彼の親御さんが、七曜様と同じような愛と強さをもって立ち向かうことが出来なかったからと思っています。

単に自分の子供を守る為だけに戦うのでなく、加害者となってしまった子供たちがその過ちに気づき、本来の姿に戻れるように、という愛を持っての行動である限り、必ずいい方向へ向かいます。

幼い子供が受ける暴力はそれが言葉であれ、力であれ、心の傷は計り知れません。それが、優しいお子様なら、なおのこと。その暴力を受容するために、自己の一部を封印してしまっていないか、見てあげてくださいね。又、意地悪されても仲良くなりたい、という心の中に加害者を思いやりすぎて、(彼らの心の奥の寂しさへのいたわりなど)彼らとのエネルギーの境界線が曖昧になっているなら、心の傷は一層深くなってしまいます。なので、自分自身を守る術を教えてあげてくださいね。←ここんとこ、私には出来ないテクニックですけど、、、。

我が子たちの場合は、それぞれに成長がアンバランスだったのですが、最近になって、環境(父親の暴言)に順応する為に心の一部を封印したことで成長が止まっていたんだ、ということに気づきました。(なので8歳半でイヤイヤ期、もうすぐ12歳で年長児の側面が現在進行形で表面化しています)

そんなこんな、ですが、応援しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

僕も子供の頃にいじめにあったことがあるので、なんとなくわかります。
お子さんが耐えても、やっぱり限界があると思うので、周りの人の助けはいると思います。
最悪の事態になる前に気づいてあげられて不幸中の幸いでしたね。
そんな目にあっても赦す気持ちを持ち続けるって凄いと思います。
でもそれって大事なことですね。
僕の場合は、親がそれを僕に何回も諭してくれて、
いじめっ子と仲直りさせてくれました。
いじめはいじめる方にも心の癒されないものを持ってます。
いじめられて辛かったですが、相手を憎んだままにならず、解決して良かったと思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も過去にいじめられた経験があります。

ただ私の場合、学校側が気付いてくれたおかげで事なきを得ましたが・・・

経験から言わせていただくと、いじめている側にはその自覚がない事があります。

しかしながら、集団ではひとりを暴行するのは、「自覚を持った上でのいじめ」と言わざるを得ません。

ましてこれは立派な暴行罪であり、加害者が小学生であれば、その責任の所在は加害者の両親にある事、刑法に明白です。

示談で済ませようとしている事案を拒み、責任逃れに終始しているうちに、刑事告訴をされたら、その時、加害者の両親はどうするつもりなのか・・・

また、いまここでこの加害児童らを野放しにすれば、近い将来、第二、第三の川崎事件につながらないとも限りません。

毅然とした対応を取られるべきです。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

直感を信じて

一般人の私が釈迦に説法で大変失礼と思いなから投稿させて頂きます。

我が子を助けられるのは、我が親だけです。
直感を信じて、全力で我が子の味方をして下さい。
我が子が、心底助けを、心の中で、求められるのは我が親だけです。


法律云々ではなく、我が子に寄り添ってあげてください。


苛めた側のご両親も恐らくですが、自身の子ども、
我が子が唯一頼れる立場を読み取って
我が子を擁護しているのでしょう。
それが倫理的、道徳的にどうあれ。

大変だと思いますが、
間違えたことは何もされてません。
直感を信じて我が子に寄り添ってあげてください~

Re: hiro2088様へ

おはようございます、hiro2088様。


ご助言有難う御座います!!

本日、親御様方とお話し合いの席に着くことになっていますが、かなり緊張しております。
出来れば、「やった、やられた」のお話にはしたくないのですが、面識の無い方々なので、どの様にお話しするのが良いかと思案しております。

ですが、どこまで出来るかかなり不安でもあります。

しかし、子供を守る為だけを考えていきたいと思います。
そこだけは、ぶれない様にしたい所ですから。



お心遣い、本当に有難う御座います。感謝です!





七曜 高耶

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2555-2d51ba4c

 BLOG TOP 


無料アクセス解析