文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

こんばんは、七曜高耶です。

本日は読者の方のリクエストにより、過去行った夢解析の結果を載せています。

人類が初めて人類として創られた時から「夢」と「宇宙」をその脆弱な身体の中で共有してきました。
今では「夢」と言うものは単なる記憶のゴミが視せるものでしかないと言われていますが、果たしてそうなのでしょうか?


海外ではそう言った「夢」にお金を出す大企業も存在します。
例えば「携帯電話」の売れ行きやデザイン、問題になる箇所を探したり、「夢」で視たものがヒントになり「商品化」されたりとしているようです。

もし、単なる「記憶のゴミ夢」だと言うのならば、その様な「力」、有る訳ないですよね?
しかし実際、「夢」には「力」があるのです。


「記憶のゴミ」だと言う人間がもし居るとするならば、その「力」の使い方が判らない人間であり、只の「戯言」でしかないのです。

「夢」を大切にされる方は、「宇宙」との繋がりを感じ、大切にされている方です。
後は使い方を覚えるだけです。

今回は夢に興味を持っている方々にとって、とても勉強になるかもしれません。
公開を許して下さいました、みんみん様(みかん様)に感謝致します。
有難う御座いました!!


夢解析《重要キワード:神社・道・案内・家》

10/02/09 みんみん

神社1


実は5年ほどまえに非常に不思議な夢をみました。それも十数日間です。
あまりにも変だったので一度解析をお願いしたいのですが、七曜さまでしたら意味がおわかりなられるかと思います。
そう期待をこめて申し上げます。(長いです)
夢の中で私は家を購入しようと探し回ります。市街地(坂が多く町並みがきれいでヨーロッパ風)、海沿い(港の近く、活気があり)田園風景(日本の田園地で平地、これから開発されそうな土地)別荘地帯(森林が多く森の小道があって明るくきれいで家はまばら)などです。
さまざまなところを見ますがこれと言って決め手がなく他にないかと山奥に入っていきます。途中山道でラーメン屋さんなどに寄りながら神社に辿ります。それがその神社の中にいらっしゃる神様から「ここではない。もっと奥に行け」と言われるのです。
なぜか神様は光の姿をされていて怒られたら山全体が隠れてしまうくらいの光なのです。
この神様は非常に短気というか怒りを感じる神様でした。ああ、神様を怒らせてしまったと思いながらも更に奥に進みました。
すると川が流れている道路と合流しましてそこが、温泉地のように栄えているのです。
あたりには、民家もありますがヨーロッパ風の白人が住んでいて非常に親切にされながら、さらに上に進むと大きな神社の鳥居があります。
とても大きい鳥居です。中をくぐるとまるで千と千尋の神隠しのような賑わった食堂街があります。食堂街の人から「お祭りがあるから上に行って見なさい」といわれさらに上に上ると神楽があり壇上で人々が踊っていました。
わたしが、眺めているとどこからか長老のような人が現れて「頼みがある。あんたを待っていた。」と言われます。するといつのまにか踊っていた人たち、村人たち子供も含めてたくさんの人が私の周りに集まってきました。
さらに長老から「ここにおる人間を他の場所に連れて行ってくれないか」見ると10代から20代後半の男女数人が立っていました。私の車にはそんなに乗せられないと言うも「それは問題ない」とみんな光に替わって車に乗り込んできました。
それではと車を走らせ今まで私が家を買うために見て廻った地域を案内します。
でもどこをみても「違う」と言われるのです。市街地では、若い男の子が、「楽しそうだな」と興味を示すもその中の年長者らしい男性から叱られてしょんぼりしたりこの間様々なことが道中ありました。興味を示すものが、用水路に繁殖した貝類のようなものであったり・・・まるで食べ物や服、車など物欲がない人ばかり。
そのうち年長者の男性が怒り出してしまいます。
私だって若い人が好みそうなところを案内してるのにとぼやきながらそれではと過疎地のアメリカの西部劇に出てくるような荒れたテーマパーク風のゴーストタウンに案内しました。すると皆が喜んで「おお。ここだ。どうもありがとう」と次々にお礼を言いながら荒れた家の中にそれぞれ入っていきました。
「こんなとこでいいの?」と唖然となりながら最後に10代くらいの若い女の子がお礼をいって入っていくのをさすがに心配して「大丈夫?」とついていったところ女の子の姿が暗い家の中に消えてしまいます。

するとその瞬間いきなりまたあの同じ神社の前に私が立っています。
中から「ここの横道のうえの方にいけ。できるだけ神社より高い家の中に入れ」といわれそのとうり、斜面沿いに数件の家がありその中の一つに引っ越すことになりました。

新しい家に移った翌朝、何か不思議な感覚で目が覚めます。
下の道に下りていくと神社に続く鳥居までの道がまるで山崩れのように壊れています。
神社から下は市街地や里山、大きな町でしたがそこが大きな湖になっているのです。
湖のなかに黄色やピンク水色など色とりどりの丸い石が、光にきらめいてます。水の中に足を入れるとなま暖かい透明度の高い水です。神社もかなりダメージを持っていて神様は無言です。まるで山の中腹まできた洪水を全身で防ごうとした結果のようです。私は、その中の石の一つを拾い太陽を見上げて「そうだったのか」とつぶやきます。

夢はそれで終わりました。それっきりその夢はみていません。一ヶ月以上に及ぶ連続した夢でした。毎晩ではなかったですが非常に長いお話のようでもありました。



<夢解釈>


大量に送られてくるメッセージも、単語で読み取ると「神社」「道」「案内」「家」
が頻繁に出てくるのがよく判ります。

そして、その夢の内容の中には「メッセージ」もきちんと出てきています。

一見、難解な夢にも思われますが、象徴の意味が解れば非常に解りやすい夢である事が見て取れます。

一番解りやすいのは「神社」と言う言葉の象徴で、みんみん様が宗教的なものに答えを求めていた事があったのではないかと思われます。
案内した人物は数人でも、全てみんみん様自身で、次のステージアップが近い事を促しています。

そして「家」についてですが、「家」はみんみん様の心の状態であり、自身の居場所をあらわしていますので、心が不安定(ボロボロの家)な状況であった事を物語っています。
「大丈夫?」と言ったのは自分自身への「問いかけ」で、相手がポジティブな答えであったのなら、みんみん様に対して「大丈夫」と言う激励の言葉であります。

それから「家」と言うのも先程の「案内した人物」と同じくみんみん様自身を象徴していますので、道をあちらこちら進みながら「本当の自分」を探していたと思われます。
「自分は本当にこれで良いのだろうか?」「これが私の本当のあるべき姿なのだろうか?」と思ってはいませんでしたか?

みんみん様の本来の姿は素晴らしいのに、その事に気付かないみんみん様の為に自信を持たせる為に魂がメッセージを送ってくれていると解釈出来ます。

回り道をしながらも、みんみん様の目標に必ず到達する事を告げ、もっと自信を持つようにとの暗示がその時出ていた様です。

5年前、もしくは夢を視だした一ヶ月前と一ヶ月後。

きっと全然違った今の自分がいるはずです。

連続の夢は、みんみん様が理解出来たと思ったら送るのを止めます。どこかで気付きがあったのでは無いでしょうか?



以上の様に、夢と言うものは確かに必要なものと不必要なものが混ざり合ってはいますが、自分の記憶に残るもの・・・・・それが、自分への「メッセージ」なのです。

この今有る肉体は、厳しい「制約」の中で生かされています。
しかし、その「制約」が無くなる刻が「睡眠」なのです。

「魂」はその「睡眠中」に「エネルギー」を充電させ、明日への原動力に代えますが、エコロジーな方が肉体にとって良いのは当たり前の事です。

そこへ「夢」と言う形をとり、「宇宙」は出来るだけ肉体に優しい方法(負担をかけない方法)を与える様に動いているのです。
勿論、人類への貢献もしています。


なので、夢はどうか大切にしていって頂きたいと思っています。
有難う御座います。






七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。




応援有難う御座います。感謝!!


宇宙科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

私がよく訪れるあるブログに…

同じHNの方がコメントを寄せられています。
私家族同様、困難な状況に立ち向かわれておられるようで…

Re: ST様へ

おはようございます、ST様。


コメントを有難う御座います。

そうなのですか・・・・。
それは夢解析で・・・ですか?
それとも・・・・・・。
非公開でそのブログのURLを教えて頂けないでしょうか?





七曜 高耶

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2560-ccd31ecb

 BLOG TOP 


無料アクセス解析