■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















国は福島原発事故を予測? 99年に津波予測図作成

おはようございます、七曜高耶です。

本日の最初の記事は『政府が1999年には福島原発事故を既に予測していた』と言う内容です。

11年311東日本大震災は未だ記憶に新しく、そして痛ましい震災ですが、政府は99年にはこの事を既に把握しており、「津波予測図」を作成していた事が、サイエンスライターの添田孝史さんの尽力により明らかにされました。

多分、この様な方がいらっしゃらなければ永遠に闇の中だったかもしれません。
政府が自ら公開等する訳もないですから・・・・・。



地震により被害出る事、そして原発がダメージを受ける事を知っていた政府。
何故、「想定外」だと言ったのか?

確かに「謎」は積もるばかりです・・・・・。


時計2015/6/24 06:30
国は福島原発事故を予測? 99年に津波予測図作成




国土庁
国土庁(当時)が1999年に作成した津波浸水予測図(赤字は神戸新聞が追加)



 東京電力福島第1原発事故が起きる10年以上前、福島沖で巨大地震が発生すれば8メートルの津波で同原発1~4号機が完全に浸水する、とした「津波浸水予測図」を国土庁(現・国土交通省)が作成していたことが分かった。
(木村信行)


 同事故の国会事故調査委員会で協力調査員を務めたサイエンスライターの添田孝史さん(50)=神戸市須磨区=が内閣府に情報公開請求し、明らかになった。


 浸水予測図の作成は1999年。目的について「発生頻度の少ない津波地震(の備え)は、過去の経験だけでは必ずしも十分でない」とし、当時の研究成果を踏まえた最大モデルを想定。「海岸ごとに津波対策を検討するための基礎資料」と位置付けていた。


 国は当時、想定を超える津波で200人以上が犠牲になった北海道南西沖地震(93年)を踏まえ、津波対策の指針を検討。7省庁(国土庁、運輸省、建設省など=いずれも当時)は98年、過去の実例と、想定される最大規模の地震を比較し、「常に安全側から対応するのが望ましい」とする「津波防災対策の手引き」を全国の自治体に通知した。


 浸水予測図はこの手引を踏まえて作成され、企業にも活用を呼び掛けた。これに対し、東京電力は2002年、過去の経験などを基に同原発の津波高の最大を5・7メートルと想定していた。


 内閣府の担当者は「当時はシミュレーションの精度が粗く、この図をもって原発の被害を予測できるものではない。危険性を知り、詳細分析につなげてもらう意図だった」と話す。一方、添田さんは「なぜ浸水予測図がその後の津波対策に生かされなかったのか、謎が多い」と指摘する。





 11年3月11日の東日本大震災で同原発を襲った津波は約13メートルだった。






七曜 高耶

 
地震 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/25 09:23 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

こんばんは。
予測してたのに・・。
対策がちゃんとしてあれば・・。
[ 2015/06/25 19:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2708-8365e492