■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















<屋久島>岩場に内閣府参事官の遺体 入山中の事故か?

この記事を読んだ方の殆どは内閣府参事官の死に怪しいものを感じているのではと思う。

しかも、参事官の仕事内容とかも考えるともしかして殺された?可能性とかも考えてしまう。

では、「内閣府情報保全監察室」とは何なのか?
それを調べてみた。

すると更にこの事故(?)に不審さを感じてしまう事になってしまった。

今までにも同じ様な事が起きているから尚更感じてしまう。


<屋久島>岩場に内閣府参事官の遺体 入山中の事故か
毎日新聞 7月24日(金)20時48分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150724-00000087-mai-soci



 23日午後2時40分ごろ、鹿児島県屋久島町の白谷川の岩場で、男性の遺体が見つかり、24日、東京都杉並区南荻窪、内閣府情報保全監察室参事官、神原紀之さん(55)と確認された。川に流されたとみられる傷などから、県警屋久島署は事故の可能性が高いとみて調べている。

 同署によると、神原さんは休暇中に1人で屋久島を訪問。20日に入山してから戻らなかったため、県警などが捜索していた。鹿児島地方気象台によると、屋久島は20日正午過ぎに大雨警報が出ていた。【杣谷健太】



内閣府情報保全監察室とは?:http://www8.cao.go.jp/kenshoukansatsu/index.html


特定秘密保護法の適正な運用を確保するため、特定秘密の指定及びその解除並びに特定秘密である情報を記録する行政文書の管理について検証、監察等を行う組織として、平成26年12月10日に内閣府に独立公文書管理監及び情報保全監察室が設置されました。





特定秘密保護法(とくていひみつほごほう)とは?:

http://www.asahi.com/articles/TKY201312140056.html


特定秘密保護法(とくていひみつほごほう)が成立しました。日本の安全保障(あんぜんほしょう)に関する秘密情報(じょうほう)をもらした公務員(こうむいん)や民間人(みんかんじん)に厳罰(げんばつ)を科(か)す内容です。しかし、本当に秘密にする必要があるのかどうか、チェックする体制があやふやで、国民の「知(し)る権利(けんり)」がおろそかにされるおそれがあります。


国の秘密もらすと罰せられる


 この法律(ほうりつ)によると、国の安全保障にかかわる防衛(ぼうえい)や外交(がいこう)、スパイ活動防止(ぼうし)、テロ防止の4分野の情報を「特定秘密」とする。もらした公務員は最長10年の懲役刑(ちょうえきけい)、もらすよう働きかけた民間人らも最長5年の懲役刑を受ける。


 情報を特定秘密に指定(してい)する人は防衛大臣(だいじん)や外務(がいむ)大臣、警察庁長官(けいさつちょうちょうかん)ら「行政機関(ぎょうせいきかん)の長(ちょう)」となっている。でも、具体的にどんな情報を特定秘密にするか、実際は大臣のもとにいる官僚(かんりょう)が判断(はんだん)する。国民からみれば何が秘密かもわからず、指定の判断が正しいかチェックできない。


 秘密にしておく有効期間(ゆうこうきかん)は最長「60年」と長い。しかも、例外がたくさんあって、その気になればいつまでも秘密のままにしておける。大臣や官僚らが自分に都合(つごう)の悪い情報を勝手(かって)に秘密にし、国民の目から問題を隠(かく)してしまうかもしれない。


 一方で、秘密を扱(あつか)う公務員らに対して「適性評価(てきせきひょうか)」という厳(きび)しい検査(けんさ)も定められた。


 秘密をもらすような人でないことを確かめるため、お酒をのみすぎないか、たくさんの借金(しゃっきん)はないか、さらに妻や夫の国籍(こくせき)まで調べる。本人の同意(どうい)が必要だが、プライバシーをおかされる心配がある。

 
なぜいま、秘密を守るための法律をつくったのか。


 安倍晋三(あべしんぞう)首相は米国を見習(みなら)って国家(こっか)安全保障会議(日本版NSC〈エヌエスシー〉)を今月4日発足(ほっそく)させた。

 政府は、特定秘密保護法はこの日本版NSCとセットだと説明する。米国のNSCとの間で重要(じゅうよう)な秘密情報をやりとりできるようにし、政府全体で秘密を共有(きょうゆう)できるようにするためには、新しい法律によって日本側で情報がもれない仕組みをつくる必要がある、と訴(うった)えてきた。

 だが、本当に必要なのかという疑問(ぎもん)の声は多い。

 これまでも公務員らは秘密を守るよう法律で決められていた。そのなかで、国民が知るべき大切な情報が隠されてきた。これからはさらに、公務員が罰をおそれ、新聞やテレビの取材に答えなくなる可能性もある。









七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。


 
オカルト ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/25 07:11 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2752-3a52bd7a