2015/08/15

川内1号機「特別対応せず」。

九州電力は、桜島警戒レベルが上がっても、特別対応はしないと発表したようです。

再稼働したばかりだからでしょうか?

とにかく九州電力は何もしないそうですので、各自、自分の身は自分で守る事に専念してください。



川内1号機「特別対応せず」=桜島警戒レベル引き上げで―九電

時事通信 8月15日(土)15時6分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150815-00000079-jij-soci



 鹿児島県・桜島の噴火警戒レベルが4(避難準備)に引き上げられた15日、九州電力は稼働中の川内原発1号機について「特別な対応は考えていない」とした。


 
 九電によると、川内原発は桜島から約50キロの距離にある。再稼働の前提となる原子力規制委員会の審査では、噴火による降灰を最大15センチと想定し、安全性は確保されると説明。規制委も了承していた。
 川内1号機は11日に核分裂反応を抑える制御棒を引き抜き、4年3カ月ぶりに再稼働した。14日には発電と送電を開始しており、今後出力を順次上げる予定。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント