■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]Posted by七曜高耶 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

桜島の火口の底に「ふた」 爆発力増すおそれ。詳しくは1月26日の口永良部島噴火の記事内でご覧ください。

おはようございます、七曜高耶です。

桜島火口に蓋が出来てしまった様ですね。


このままだと、専門家の意見がなくても危険な状況なのは一目瞭然でしょう。
火山はお鍋と違いますから火力を調整する事も出来ません。

出来れば火力を落としてあげるのが得策でしょうが、自然の力はそうはいかないところが問題です。

圧力鍋の様に、空気抜き出来れば良いのでしょうが・・・・・。

JAXAの観測によると、桜島では南岳山頂火口の東側で、地表が最大16センチほど動いているのが確認
されています。




昭和火口の深さ1キロのあたりで、マグマが移動したことが原因とみられていますが、こうなると今年1月に
「口永良部島」の噴火の時の夢で視た 
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2478.html

この画像(何度も載せてすいません)、の紫の線とピンク△が気になります。

snap_orangeapple01_201511164252.jpg

あの日の夢はきっと全てに繋がっていたと言う事でしょうか?

「口永良部島」の噴火が今にも繋がってきているようです。
詳しくは上記リンク先からご確認をお願い致します。


桜島の火口の底に「ふた」 爆発力増すおそれ

朝日新聞デジタル 8月21日(金)7時23分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150821-00000016-asahi-soci






桜島の火口の底に「ふた」 爆発力増すおそれ

桜島1
【桜島の昭和火口では、噴出物がたまっている様子が確認できた=15日午後2時39分、鹿児島市、朝日新聞社ヘリから、河合真人撮影 】



 15日に噴火警戒レベルが3(入山規制)から4(避難準備)に引き上げられた鹿児島市の桜島では、昭和火口の底に噴出物がたまり、「ふた」のように火口をふさいでいることが確認されている。朝日新聞が15日午後に上空から撮影したところ、ふたの周囲から白いガスが噴き出していた。専門家は、ふたによって内部の圧力が高まり、より爆発的な噴火につながる可能性があると指摘している。


 19日午後に気象庁の調査に同行した京都大火山活動研究センターの井口正人センター長は、こうした状況が続いているのを上空から確認した。昭和火口では同日未明、警戒レベル引き上げ後初めてごく小規模な噴火が起きたものの、「火口はほぼ閉塞(へいそく)状態で、内部の圧力が高まって爆発力が増している」と指摘する。


 桜島では今年1~6月に672回の爆発的噴火が起きたが、7月は14回と激減した。ふたは噴火活動が激しかった5~6月ごろの噴出物とみられるという。


 一方、国土地理院は、桜島の南岳山頂火口の東側で、おもに8月10日以降、地盤が東西方向に最大約16センチ広がる変動を観測した。地球観測衛星「だいち2号」によるデータを解析した。昭和火口下でマグマが上昇した動きとみられるという。(小林舞子)




朝日新聞社





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
自然災害 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/21 09:17 ]Posted by七曜高耶 | 火山噴火 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2790-45a90588