■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]Posted by七曜高耶 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

北朝鮮「準戦時状態」 夕方に48時間期限。金正恩氏、武力挑発を自ら指揮?

これがいつもの脅しで終われば良いのですが・・・・。

私、七曜高耶が2015年6月27日に視た「北朝鮮」と「テポドン(?)」の夢ですが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2710.html

夢で視た「ミサイル」の全長が「テポドン」より短く感じたのは「ノドン」だったからなのでしょうか?

飛距離は「テポドン」並みあるように思われるこの「ミサイル」。

ノドン


夢で出てきた国名は「中国」と「日本」だったが、「ノドン」でも十分ミサイルの着弾圏内に入る様です。
(詳しくは上記URLよりご覧ください)




冗談抜きで、日本がとばっちりを受ける事はないのだろうか?

韓国へ落そうと思っていたのだが、飛び過ぎて日本に着弾とか。
そうなると困る。

とにかくは、何事も起きず、穏便に終わる事を祈りたいのだが、この私が視た夢もまた、
これから先の未来で起こる可能性の有るものであるから、今後もこれに関しても注視していきたい
と思います。



(朝鮮日報日本語版) 金正恩氏、武力挑発を自ら指揮か


朝鮮日報日本語版 8月22日(土)10時4分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150822-00000562-chosun-kr




 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党第1書記は、軍事境界線付近で高射砲による砲撃を行った20日夜、労働党中央軍事委員会の非常拡大会議を自ら主宰した。これは、今回の挑発行為を直接主導していることを実質的に示したものだ。金第1書記は同日の会議で、韓国海軍哨戒艦「天安」爆破・沈没の中心人物と言われている金英哲(キム・ヨンチョル)偵察総局長から韓国軍の動向に関する報告を受けたとのことだ。そして、同日夜11時を基準に前線各部隊の「作戦進入準備実態」を点検、前線司令部の攻撃作戦計画を直接批准した。

 金第1書記は北朝鮮の追加挑発に韓国軍が反撃するのに備え、経験豊富な指揮官らを前線に派遣した。北朝鮮の複数のメディアは同日の会議の様子を写真数枚と共に公表した。

 北朝鮮の池在竜(チ・ジェリョン)駐中国大使は同日、「(韓国が)最後通牒(つうちょう)に応じなければ超強硬対応も避けられない。我が国の軍隊は口先だけの言葉は言わない」と言った。

 金第1書記のこうした動きは、自身が北朝鮮軍を名実共に掌握している最高司令官であることを人民にあらためて示そうという意図があるためと思われる。また、党・政府・軍の幹部たちの忠誠心を引き出すための行動だという指摘もある。今回の高射砲砲撃を自らの権力固めや内部体制の引き締めに利用しているというものだ。

 金第1書記は韓国内部の混乱を引き起こすためにも、さらなる挑発行為をする可能性が高い、という見方もある。北朝鮮は20日、「最高司令部緊急報道」で「我軍(北朝鮮軍)が南側に砲弾を1発発射したという、あり得ない口実で(韓国側は)砲弾36発を発射するという分別のない妄動をした」と、自らの行為であることを全面否定した。韓国社会で「挑発行為の主体」をめぐる論争を巻き起こそうという意図だと思われる。

 金第1書記は2013年に北朝鮮軍の内部会議で「3年以内に革命武力により統一する」と発言、昨年1月の軍司令官会議では「2015年『統一大戦』を準備せよ」と指示したとされる。それでも、「金第1書記が全面的な挑発行為を敢行する可能性は高くない」との見方の方が優勢だ。国策研究所関係者は「全面戦は金第1書記自身の命を懸けた行為。北朝鮮経済の命綱である中国やロシアなど周辺国の様子もうかがわなければならないだろう」と語った。




ここで、中国・ロシアが出てくるとは・・・・。
これだと夢通りに「中国が気に食わない」とか言いそうな勢いで怖い。

とばっちりが無い事を祈るのみ。




七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います!!


 
科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/08/22 10:20 ]Posted by七曜高耶 | 第三次世界大戦 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2794-a656de4f