2015/10/19

3号機も高濃度汚染源…ベント後、北西に放出。


福島原発の崩壊後の、この様な原発の現状を知って尚、それでも各地の原発再稼働を推進しようとする
政府の考えは如何なものかと思っている。

それでも安全だと言い張る人物達のその根拠は何処に有るのか。

このまま推し進める方向に行ってしまうのなら、自然は人類を淘汰する方向に向かっていきそうな
感じもしている。


地球に感情が無いと思っている多くの人類は、その力に圧倒される事になるやも知れない。


さて、原発の真実が刻を見計らい徐々に出されてきている今、
次に揺れる場所とその危険性の高い県は福井県かもしれない。


2014年1月28日に視た夢が以下になるのだが、

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1808.html

先日記事にも書いたように、過去の夢が今に来ているのなら、福井県は要警戒が必要になってくるだろう。

今年、2015年に視た夢ならば時間の経過は今までとは違い早くくる可能性が有るのだが、
まだ夢は視ていない。
なれど、過去の時間の余波が今来ていると考えるとやはり福井県が揺れる事を考慮した方が良いだろう。


詳細は上記URLより参考にして頂きたい。



3号機も高濃度汚染源…ベント後、北西に放出か


2015年10月19日 03時05分


http://www.yomiuri.co.jp/science/20151018-OYT1T50097.html


福島
福島1






 2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所事故で、原発の北西方面を放射性物質で高濃度に汚染したのは、格納容器が損傷した2号機からの大量放出に加え、3号機で格納容器からの排気(ベント)の操作をした後の放出だった可能性があるとの推定結果を、日本原子力研究開発機構の研究グループがまとめた。

 東電の「ベントに伴う放出量は全体の1%未満」との見解は再検討を迫られそうだ。

 研究グループは、観測された放射線や気象条件などから、大気中の放射性物質の動きをコンピューターで計算し、東日本を中心に広い範囲の汚染につながった大量放出の時間帯を絞り込んだ。福島県浪江町を含む原発の北西20キロ・メートルまでの汚染は、15日夕~16日未明の放出が主因と推定された。








七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います!!

 
科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

しょうがね〜よ。

 貨幣制度、レプティシステムから抜け出せない人々だもん。
 カネが無くなると彼等は死んでしまうんだよ。
 放射能よりカネ、健康不全よりカネ、親兄弟子孫よりカネ。
 そんな人々だからね。