■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    機上での『物理的な働きかけ』とは?空中分解をした航空機



    くれぐれも2014年10月3日の夢記事を参考に今後起こり得る危険性の有る未来
    に注意・警戒して頂きたい。
     
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2264.html

    今回起きたこの航空機事故(?)がこの夢記事の一部歪んでしまった未来でなければ、
    もう一度起きると言う事にも成り得るからだ。

    以下の記事内で、ロシアの航空会社「コガリムアビア」は同機が空中分解したとの見方に関して、
    「機上での『物理的な働きかけ』以外には説明がつかない」と指摘し、
    機内で何らかの異常事態が起きた可能性を示唆して
    いる。

    勿論、もしかすると航空会社が保身の為に作った理由作りの可能性も否めないが、
    もし・・・・・もし、これが実際に起こった可能性の高い事で有ったとするならば、
    ある意味未来が歪んでしまった形であると言えるだろう。


    そして、夢で視た事象が起こらないとも言えるが、ハッキリとは確信が持てない故に渡航者は注意する
    必要が有る。

    とりあえずは今後のニュースに注視していきたい。


    <ロシア機墜落>直前に急減速、1.5キロ降下
    毎日新聞 11月2日(月)21時43分配信



    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151102-00000105-mai-int





     【モスクワ真野森作、カイロ秋山信一】エジプト東部シナイ半島に墜落したロシアの旅客機に関し、運航していたロシアの航空会社「コガリムアビア」は2日、記者会見を開き、墜落数十秒前に同機が急減速して1.5キロ降下したと説明した。墜落前に操縦士から地上へ異常を伝える通信はなかったという。露主要メディアが伝えた。


     同社によると、墜落機は2001年、尾部を滑走路に打ち付ける「尻もち」事故を起こしていた。しかし、同社は「完全に修理されていた」と強調。墜落まで直近5回の飛行でも、乗員からの技術的な問題の指摘はなかったといい、「機体の状態は良好で、操縦士による人的ミスも考えられない」と説明した。


     同機が空中分解したとの見方に関し、同社幹部は「機上での『物理的な働きかけ』以外には説明がつかない」と指摘し、機内で何らかの異常事態が起きた可能性を示唆した。これに対し、露航空庁のネラチコ長官は国営テレビで「何の根拠もない」と不快感を示した。国営ロシア通信は墜落現場の調査関係者の話として、爆薬が使用された形跡はこれまでのところ見つかっていないと報じている。


     ロシア軍がシリア領で空爆を続ける中、プーチン政権としては世論を動揺させるテロの可能性について慎重な姿勢を貫いている模様だ。現場を視察したソコロフ運輸相は2日、プーチン大統領に「墜落機は(高高度の)上空で機体が分解し、破片は約20平方キロの広範囲に飛散した」と報告するにとどめた。


     ロイター通信は2日、エジプトの事故調査関係者の話として、飛行データを記録したブラックボックスを分析した結果、外部から攻撃された形跡はないと報じた。


     過激派組織「イスラム国」(IS)分派による犯行声明を巡っては、IS分派は墜落機が飛行していた高度9000メートル超を攻撃する兵器を所持していないとの見方が支配的だ。ただ、過去には国際テロ組織アルカイダ系の組織が、航空機に爆弾を仕掛けようとした事件もある。











    クリック頂き有難う御座います。

     
    科学 ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2015/11/03 18:50 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2855-a84fc43c