文字サイズを変更できます。

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

七曜高耶

Author:七曜高耶
ご訪問有難うございます。


 本ブログは、予知夢的内容の的中を保証
するものではありません。
この点を十分に留意し、記事をお読みくだ
さい。


また、
投稿欄は読者間の情報交換の場としての
機能を維持するために設けたもので、
本ブログの管理人が内容としてふさわしく
ないと考える投稿は、予告なく削除いたし
ます。
また、投稿する方自らが自粛していただけ
れば幸いです。




★ ドリームセラピスト講座を修了。
★ シータヒーリング講座を修了。  
★ 日本超心理学会【学会員】
  主に予知に関する能力を研究中。  


 皆様のお役に立てる事を願っております。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

ブログランキング

最近のコメント

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

amazon

日本ブログ村ランキング

逆回転時計

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

こんにちは、七曜高耶です。

やはり、今回のこの事故は私が視た未来の歪んだ形の様です。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2264.html


その時にも記事内で書きましたが、前回のトルコの件と言い、未来が少し違う形に修正されているようです。


以下のCNNの記事でも判る様に、「キーワード」として出てきています「イギリス」「ロシア空港」
はそのまま事象として出てきていますが、形が微妙に違う未来が起きています。


もし、私が視た未来がそのままの事象で起きたなら、これ程の状況にはならなかった可能性は高かった
筈です。

私が視た未来では、ジャックはされても空中分解してしまうほどの爆発なかったからです。


今後、渡航者が注意する事は、イギリス行き、若しくはロシア行きの航空機に搭乗する事を避ける
事です。

そして、イギリスでのテロ。


これは爆弾テロです。


知人・友人・家族等渡航予定の有る方には、やんわりとお伝えし、渡航に注意・警戒する様に
お伝え下さればと思います。

因みにですが、この事件の首謀者がISISであるかどうかの判断は難しいところだと思います。
夢の中では中東系・・・ではなかった様に思えるので。



ロシア機墜落、機内にISISの爆弾の可能性 米当局者
CNN.co.jp 11月5日(木)10時42分配信



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-35072991-cnn-int


.


(CNN) 米当局者は4日、エジプトで墜落したロシアの旅客機について、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」か系列組織によって爆弾を仕掛けられたとの見方を強めていることを明らかにした。

英国のハモンド外相も、同機が爆発物によって墜落したことをうかがわせる「重大な可能性」が浮上したと指摘。中東の関係者も、同機に爆弾が仕掛けられていた可能性が高いと思われると語った。


ロシアのコガリムアビア航空9268便は10月31日、エジプトのシャルムエルシェイクからロシアのサンクトペテルブルクに向かう途中で空中分解してシナイ半島に墜落し、搭乗していた224人全員が死亡した。

直後にISISが犯行声明を出していたが、当局はこれまでテロの可能性を否定していた。


しかしある米当局者は、これまでに収集した情報を分析した結果、ISISか系列組織が同機に仕掛けた爆弾が爆発した可能性が最も高いことが分かったといい、「同機の荷物などに爆発物が仕掛けられたとの確信がある」と説明。墜落前に収集された情報と以後の情報をさかのぼって分析した結果、「シナイ半島で注目すべき動きがあったことが分かった」とした。ただしまだ米情報機関が正式な結論を出すには至っていないと強調している。


シャルムエルシェイクの空港で何者かが同機に爆弾を仕掛ける手助けをしたとの説も浮上した。別の米当局者は、「この空港は警備が手薄なことで有名だ」「誰かが空港で手助けしたことをうかがわせる情報がある」と話した。

ISISの関与については、犯行声明とは別に、組織内で交わされたやり取りを監視した結果などから、同組織絡みの犯行と判断したという。

これに先立ち英首相官邸は、「まだ捜査は続いており、ロシア機の墜落原因について断定はできない」としながらも、「より多くの情報が明るみに出る中で、同機は爆発物によって墜落した可能性があるとの懸念が強まった」と発表していた。



シャルムエルシェイクから英国へ向かう予定だった便は出発を見合わせ、英国の航空専門家が同地の空港で安全対策を検討しているという。


アイルランドの航空当局も同日、シャルムエルシェイクの離発着便は当面の間、全便の運航を停止すると発表した。

同日夕刻にシャルムエルシェイク出発便に乗る予定だったという英国人観光客は、空港ターミナルに到着した英大使館職員の誘導でバスに乗り、市内のホテルに泊まることになった。空港には緊迫した空気が漂い、乗客らが係員に怒鳴り散らしたりしているという。

シャルムエルシェイクはビーチリゾートとして海外からの観光客らでにぎわう観光地。ロシア機が墜落したのは同地から北へ約300キロの地点だった。シナイ半島ではここ数年、ISIS系の武装勢力とエジプト治安部隊の衝突が続き、何百人もの死者が出ている。

エジプト内務省は3日の時点で、「(同機の墜落が)テロだったことを示す根拠はない」との判断から、シャルムエルシェイクの空港や市内の警備の強化は行っていないと説明していた。

一方、在エジプト米大使館は職員に対し、墜落原因が明らかになるまでシナイ半島へは行かないよう指示した。







七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
宇宙科学 ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2857-b2a68d07

 BLOG TOP 


無料アクセス解析