■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]Posted by七曜高耶 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

「パリ同時テロの真相について」 鳩山元首相


鳩山元首相「イスラム国とはCIAによって作られたものだ。」と題しましたwanton氏のブログ
からyoutubeをリンクさせて頂きました。
下URLがwanton氏のブログになります。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12103942667.html

この情報はsapporojin様から頂いたものですが、元首相と言えど、この様な「陰謀論」的な
内容をお話しするのは非常に勇気がいるのではないかと思います。

特に反対意見等の第一声を上げるのは自身の犠牲的な精神が必要になってきますからね。





さて、「陰謀は存在する」と考えていらっしゃる方々にとっては、
当然の内容ですが、この「イスラム国」を知るには過去にまで遡らなければなりません。

以下の12月5日の記事にも書きましたが、「過去」は非常に重要な位置にあります。
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2884.html

遡る事101年前の1914年㋆、第一次世界大戦が事の発端になります。



当時、中東はオスマン帝国と呼ばれ、ヨーロッパ列強の侵略が行われるまでの
19世紀まで600年以上にわたって、イラクから北アフリカまでの広大な地域は、
オスマン帝国の支配下にありました。

オスマン
出典:upload.wikimedia.org


オスマン1


オスマントルコの人々ははイスラム教国ですが、
宗教に寛容で、キリスト教徒やユダヤ教徒なども許されていた国でした。

ところが、イギリスやアメリカの二枚舌によって騙され、結局当時の面影も残さないほどに国が崩壊(分断)
してしまったのです。
この作戦は既に101年前から行われてきたものなのです。



当時のアメリカ28代大統領、ウッドロウ・ウィルソンは、

第一次世界大戦への参戦を決断し、新世界秩序を掲げて
いました。

新たな秩序を作る為には「破壊」と「恐怖」が必要になってきます。


その為には「敵」が必要になってきます。
そこで目を付けたのがオスマン帝国だった訳です。

物事には全て「表と裏」が存在します。
「陰と陽」を知る事によって人類は進化するのではないでしょうか?



最後になりますが、情報を下さいましたsapporojin様。情報を有難う御座いました!



七曜 高耶




クリック頂き有難う御座います。

 
オカルト ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/09 11:11 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

100年前の禍根

第一次大戦は、イギリス・フランス・ロシアなどの連合国と、ドイツ・オーストリア・オスマン帝国などの同盟国との戦争でした。

独仏国境の西部戦線が膠着する中、ドイツの送り込んだレーニンの謀略によってロシア帝国が崩壊します。

レーニンの立てたソビエト新政府はドイツに無条件降伏し、これによって独露国境の東部戦線にいたドイツ軍 100万が西部戦線へと移動を始めます。

窮地にたたされた英仏が取った作戦が、「オスマン帝国の弱体化」と「アメリカを連合国に引き込む」ことでした。

有名な「アラビアのロレンス」は、この時アラブに派遣された、イギリスの情報将校です。

英仏は片方では「アラブの独立」をかかげながら、もう片方では「ユダヤ国家の建設」をうたい、アメリカ国内の国際ユダヤ資本を動かし、ついにアメリカを参戦させます。

そして戦後、全世界からユダヤ人がイスラエルへと集まり、アラブ人との抗争が始まりました。

この時、ユダヤ人支援の名目で、フランスはアラブ側に空爆を行っています。

アラブの人々はフランスに裏切られたのです。



[ 2015/12/10 12:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2889-4f3242aa