■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    WSPEEDIの予測では、7日午前9時には日本に到達。その後、太平洋側まで徐々に広がりをみせる



    2010年6月に3個の「小型核爆弾」の夢を視、
    そして2011年3月11日、三か所で大きな爆発的地震が起きた。

    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-256.html

    震源

    残念ながらその場所の特定は出来なかったが、夢を視た9か月後、東日本で三連動巨大地震が起き、
    私はその夢が日本で起きる事だったのだとその時になって気が付いた。


    その時に使用されたのは「小型核爆弾」。

    今、「北朝鮮」の核実験に対して非難している米国だが、何故その様に非難する事が出来るのか?




    そして、震災が起きた後、福島原発が爆発したとき、動こうとしなかった日本が何故、
    他国が水爆実験をしたと言った後の行動が早いのか?

    政府は昨日内に既に放射性物質が放出された場合の拡散予測を公表しましており、
    WSPEEDIの予測で、7日午前9時には日本に到達し、その後、太平洋側まで徐々に広がって行くことも
    公表しているのに。


    自国の事は国民に伏せ、他国を取り上げ、「水爆」実験で「放出の場合」の放射性物質の拡散予測公表
    まで出している。

    https://www.ohbsn.com/news/detail/jnnzenkoku20160106_2673814.php

    これを見る限り、また東日本方面が放射能で汚染される事になる。
    政府にとっては好都合の汚染方向だ。

    これによって、福島原発による放射線によって、健康被害を被ったと言った人々に対し
    否定する事が出来るからだ。


    「それは原発のせいでは無い」


    と言う事になれば保障を出さなくて済み、そして子供達が体調を崩し、甲状腺癌を患ったとしても
    北朝鮮のせいに出来てしまうだろう。

    上手い感じに収集がつく。
    文句があるならアイツ等に言えってね。

    さて、どうなるかな?

    政府はこれをどう利用するだろう・・・・・。


    「水爆」実験で“放出の場合” 放射性物質の拡散予測公表



     北朝鮮による水爆実験の発表を受けて、原子力規制庁はWSPEEDIを使って一定の放射性物質が放出された場合の拡散予測を公表しました。

     原子力規制庁によりますと、北朝鮮の過去の核実験の際に、国内の放射線量などに変化はなかったということですが、仮に6日に発表された水爆実験で一定の放射性物質が放出された場合の拡散予測を公表しました。WSPEEDIの予測では、7日午前9時には日本に到達し、その後、太平洋側まで徐々に広がっていきます。

     一方、全国およそ300か所で測定している空気中の放射線量に、午後3時までに「特別な変化は見られない」ということです。

     規制庁は、全国で大気中のちりを採取して放射性物質を調べるなど、モニタリング体制を強化して、監視を続けることにしています。

     一方、茨城県にある航空自衛隊の百里基地や、青森県の三沢基地、福岡県の築城基地からは航空機が飛び立ち、大気中の放射性物質の濃度を調べるために必要なちりを収集しました。収集したちりは6日夜、分析にかけ、7日、結果を公表するとしています。

     自衛隊は今後10日間ほど、ちりの収集を続けるほか、航空機による空気の収集も行い、核爆発が起きたときに発生する希ガスの有無も調べるとしています。(06日21:18)






    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。

     
    科学 ブログランキングへ



    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2016/01/07 08:29 ]Posted by七曜高耶 | 陰謀 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2919-fd2a3de3