■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    「なぜ宇宙人は沈黙を守っているのか」?

     「なぜ宇宙人は沈黙を守っているのか」? 
    それは人類が思う程、「人類」と言う存在に興味がある訳では無いからでは・・・・?と、
    七曜は考えていますが皆様はどう思われているのでしょうか?

    宇宙人

    彼らが興味を持っているのは「人類」の「適応力と繁殖力」。
    そして「地球」の完璧なサイクル。
    ですが、人類の行いにより今、「地球」は死にかけている状態です。

    それは結局人類の上に圧し掛かってくるにも拘わらず、
    自然破壊を続けています。

    そんな人類に誰がコンタクトを取りたいでしょうか?
    「私達が壊した地球を彼らはきっと元通りにしてくれる」とか
    「汚染された地球をきっと浄化して助けてくれる」とか

    虫が良すぎ・・・・・。


    そして更に言うと
    「青い惑星だけが、生存のための適切な条件を維持できた。」
    とはナンセンス。

    適者生存。
    地球の環境に適応したから生存しているだけ。

    他の惑星もまた同じ。
    しかし、身体の構造は違えど、科学力は人類より遥かに上である。
    それなのに人類は傲慢としか言いようが無い。

    そして「自意識過剰」。


    彼ら全てが人類に対して友好的と思っているのは止めた方が良いかもしれない。


    なぜ宇宙人は沈黙を守っているのか―新たな説明が見つかる サイエンス
    2016年01月25日 01:30短縮 URL


    http://jp.sputniknews.com/science/20160125/1484322.html#ixzz3yKhojX8U




    惑星科学者らは、潜在的に存在する宇宙人の沈黙の理由を説明した。雑誌「宇宙生物学」で研究結果が報告された。オーストラリア国立大学のウェブサイトでその概要を知ることが出来る。





    それによると、他の星系内の惑星に(知的生命体を含む)複雑な形態の生命が存在することは非常にまれであり、一部の科学者によって考えられているように、宇宙の中であまり普及した現象ではない。



    太陽系外惑星で生命が発生した場合でも、地球のような複雑な多細胞生物に進化する時間を持てず、死ぬことになる。生存のための適切な条件を維持することが、並の天体には不可能だからだ。

    地球上における人間の出現は、何十億年という進化に続いている。金星、地球、火星は、40億年前、その表面に類似の物理的および化学的条件を持っていた。そんな中で唯一、青い惑星だけが、生存のための適切な条件を維持できた。金星はあまりにも熱く、そして火星は寒かった。





    彼らがどう適応しているのか想像することは
    彼らを理解する第一歩となるだろう。



    余談だが、この映画はとてもオリオンの過去に近いものが有る。
    七曜のオススメです。












    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。

     
    オカルト ブログランキングへ


    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2016/01/26 16:25 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(14)[記事編集]

    異星文明との交流に関する考え方、面白いですね。

    それと「ギヴァー」の映画の予告編の組み合わせ、これも更に面白い。

    「人間は自由を与えると必ず間違いを起こす」
    この考えもなるほどと思えるし、間違いが実は進化に必要不可欠という考え方も。

    日本人である我々の「一般的」として感じる事は、他の国へ行くと非常識であったり甘っちょろい考えである事が多いと思います。
    崇高な精神という見地から見れば共感できる所もあるかもしれませんが、生存という見地からだと単なる甘ちゃんかもしれない。

    異星人の異文化が地球にどのような「目的」で来ているのかによって接触の方法も変化するでしょうね。
    沈黙を守っているという見方も出来れば、次元と言うか周波数の違いから人間では感知できない存在なので沈黙に感じるとか(笑)

    物理次元に存在して握手が出来るようだと夢が膨らみますね~
    [ 2016/01/27 15:04 ] [ 編集 ]

    物質本位で考えない

     物質至上で考えるからこんな事になる訳で、本質は霊魂であり宇宙のどこへでも行ける。
     と言う事が理解できれば、こんな議論は無用になるのです。
     つまり彼等は物質状態の人類なんてのは一切興味が無いのです。
     あるのは本質としての我々。
     霊魂状態の我々なのです。
     物質でどうしようと我々の自由であるのです。
     地球の人類もゆくゆくは肉体を脱ぎ捨てる予定なのです。
     それが文明進化ですな。
     人は進化してこうなったんじゃないよ。
    [ 2016/01/27 17:33 ] [ 編集 ]

    聖書

    その理由はもし仮に主=宇宙人であるのならば、聖書を見ればわかる事で、それはまだ毒麦が成長しきっていないからでしょう。
    後もう少しという印象があります。
    [ 2016/01/27 18:34 ] [ 編集 ]

    外資によるJA貯金共済買収いよいよはじまる

    七曜高耶様

    一昨年の6月に農協改革の目的の一つが外資によるJA貯金共済の買収であると私がコメントしたことをお覚えでしょうか?

    いよいよその動きがはじまったようです。

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47519

    小泉親子は闇の権力の手先ですから、この話は一見すると正論のように見えて実は外資が農林中金を買収しやすいように小泉進次郎が農林中金不要論をとなえてるわけです。

    昨年の春先に週刊朝日が外資によるJA貯金共済の買収を記事にしましたがその先鞭となるものが小泉進次郎の今回の動きです。

    まだまだこれからもいろんな動きがあるでしょうからこれに関することは注視する必要がありそうです。
    [ 2016/01/27 20:40 ] [ 編集 ]

    Re: sapporojin様へ

    こんにちは、sapporojin様。


    情報を有難う御座います。

    小泉親子はやはりいつも裏が有りますよね。
    しかも、口が上手い。

    典型的な詐欺師タイプですよね。
    実は七曜、個人的に彼らが嫌いなのですよ(笑

    安倍氏よりも・・・です。
    安倍氏は只の傀儡ですからある意味可哀想な感じもしますね。

    sapporojin様が仰る通り、彼ら親子の行動は要注意ですね。





    七曜 高耶
    [ 2016/01/29 14:05 ] [ 編集 ]

    Re: 龍に牛様へ

    こんにちは、龍に牛様。


    コメントを有難う御座います!!

    七曜、聖書は物凄く苦手分野で、意味がまるっきり解らないんです。


    > その理由はもし仮に主=宇宙人であるのならば、聖書を見ればわかる事で、それはまだ毒麦が成長しきっていないからでしょう。
    > 後もう少しという印象があります。



    出来ましたら是非色々とお教え下さると、有り難く思います。
    宜しくお願い致します。


    因みに毒麦とは何でしょうか?





    七曜 高耶
    [ 2016/01/29 14:11 ] [ 編集 ]

    Re: 人類の観察者様へ

    こんにちは、人類の観察者様。


    コメントを有難う御座います。

    「彼ら」とはどの種族を指しての「彼ら」でしょうか?
    確かに人類の観察者様の仰る通り、人類に対しての興味はかなり低いです。



    ただ、

    >物質でどうしようと我々の自由であるのです。

    はどうか判りませんね。
    あまりこう言う事を言わない様にしてきましたが、今回だけ言いますと、
    人類は知らず知らずに管理されています。

    管理されているからこそ、我々が人間の肉体を借り、地上に降りてくる訳がないと
    思いませんか?

    勿論、管理しているのは「精神」です。
    そこは人類の観察者様の仰る通りです。

    しかし、「精神」を管理してはいますが、彼ら自身の為の管理ですね。
    と・・・・ちょっと喋りすぎたかもしれません。
    すいませんでした。
    どちらにせよ、人類の観察者様もその内判りますよ。
    貴方にも「使命」が有りますからね。





    七曜 高耶


    [ 2016/01/29 14:22 ] [ 編集 ]

    Re: 四季様へ

    こんにちは、四季様。


    コメントを有難う御座います。


    それぞれの惑星によって次元が異なっていますね。
    我々オリオンはこの次元に最も近い感じです。
    しかし、他惑星は次元が違う所も有りますので、人類の眼には映らない、只の荒廃した惑星
    に視えたりもします。
    後は、環境的に適応出来ず、地下に住んでいたりも。






    七曜 高耶
    [ 2016/01/29 14:29 ] [ 編集 ]

    ズレている。

     ちょいと考える方向が俺とはズレている様です。
     まあ、これも仕方の無い事。
     魂それぞれに宇宙が存在するのです。
     霊魂状態であっても、肉体状態であっても宇宙の法の下で管理(法則)されているのです。
     地球の人類を管理(制御)しようとしているのは、人と異人類ですね。

     彼等とは人以外の知的生命体総てです。

    >管理されているからこそ、我々が人間の肉体を借り、地上に降りてくる訳がないと
    思いませんか?

     もうちょい解りやすくお願いします。
     人は肉体を借りて転生しています。
     その目的は自我を研鑽する為です。
     魂をより良くする為。
     霊魂レベルの管理制御と、肉体レベルの管理制御はその主が違い過ぎます。
    [ 2016/01/29 17:25 ] [ 編集 ]

    自由が許されたからこそ。

     人類を管理しようとする連中が現れたんですよ。
     管理制御の方が後。
    [ 2016/01/29 17:31 ] [ 編集 ]

    Re: ズレている。

    こんばんは、人類の観察者様。


    コメントを有難う御座います。




    > >管理されているからこそ、我々が人間の肉体を借り、地上に降りてくる訳がないと
    > 思いませんか?
    >
    >  もうちょい解りやすくお願いします。


    ごめんなさい。

    言葉がおかしくなっていました。


    >管理されているからこそ、我々が人間の肉体を借り、地上に降りてくる訳がないと
    > 思いませんか?


    ではなく、『管理されているからこそ、我々が人間の肉体を借りて、地上に降りてきているのだと思いませんか?』


    です。
    確かに人類は「自由」を許されている様に思えますが、「自由」を全て許してしまうと、
    地上に混沌を招いてしまいます。

    例えば、人間が「法」と言うものを作らなかったとします。
    すると、好き勝手に行動をする人間が出てくることでしょう。
    殺人を犯しても自由を許されている訳ですから殺し合いが始まります。

    それを阻止する為には「管理」が必要です。

    「管理」とは、そうならない為の措置の様なものであって、人間が行っている「家畜」の様なものとは違います。


    >  人は肉体を借りて転生しています。
    >  その目的は自我を研鑽する為です。
    >  魂をより良くする為。
    >  霊魂レベルの管理制御と、肉体レベルの管理制御はその主が違い過ぎます。


    「人」は確かにそうなのですが、「肉体」の管理では無く、「精神」を「管理(導く)」します。
    私的にはそう言う意味でお伝えしたのですが、言葉が足りなかった様ですね。


    すいませんでした。




    七曜 高耶

    [ 2016/01/29 20:54 ] [ 編集 ]

    それはね

     管理ではなく、「愛」だよ。
     俺は決してロマンチストでもなく、恋愛小説は書いていない。
     しかし人が自分を律する物は「愛」以外には無いんですよ。
     管理するなんて野蛮だし、攻撃的ですな。
     確かに外野から見れば管理している様に見えるかも知れない。
     確かにルーティンワークですよ。
     でも現状は変えられる筈なんですよ。
    [ 2016/01/29 23:37 ] [ 編集 ]

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 2016/01/30 05:26 ] [ 編集 ]

    興味はあるが介入に利点がないのではと思います。

    人類は未開の原始生活を送る種族みたいなものなのでしょうね。
    [ 2016/02/03 14:30 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2945-fc88a11d