■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    地球温暖化は人類が増えすぎた為に起きたもの。米国研究チームが発表!迫りくるビル・ゲイツの世界!!


    本日は何だか人口削減的な内容の記事を書いていますが、
    ロイターでも今月26日に以下記事が出ていました。

    1月25日、米国の科学者などが参加する研究チームが、2000年以降記録的な期間にわたって高温が続いている原因は、ほぼ確実に人間の活動による温暖化であり、太陽の熱出量変化や火山噴火による日光遮断など自然の変動が原因である確率はほとんどないとの研究結果を発表した。



    要は

    「人間が増えすぎた為に、地球が限界に来ている」

    と言う事。

    この記事を読んだ時に思い出したのが、あのビル・ゲイツ氏の講演です。
    彼も、講演の中で、地球温暖化は「人間」が増えすぎている為と、語りました。



    そろそろ本格的に人口抑制措置が取られ始めるのかもしれませんね。
    無知な人類が信じて止まない「ワクチン」接種。
    子供の時から与えておけば、将来子供を産むこともなくなり、増加を防げる。

    篩にかける為に大きな人工地震を起こし、強い者、知恵の有る者だけを残す。

    世界恐慌を起こし、戦争を呼び込む等、色々と盛り沢山になりそうです。


    Oddly Enough | 2016年 01月 26日 18:06 JST
    近年の記録的高温、原因は温室効果ガス=研究報告

    http://jp.reuters.com/article/hotyears-idJPKCN0V40SW



     1月25日、米国の科学者などが参加する研究チームが、2000年以降記録的な期間にわたって高温が続いている原因は、ほぼ確実に人間の活動による温暖化であり、太陽の熱出量変化や火山噴火による日光遮断など自然の変動が原因である確率はほとんどないとの研究結果を発表した。写真は昨年2月撮影で、干ばつで干上がったブラジルのダムのようす(2016年 ロイター/Paulo Whitaker)





    [オスロ 25日 ロイター] - 米国の科学者などが参加する研究チームが、2000年以降記録的な期間にわたって高温が続いている原因は、ほぼ確実に人間の活動による温暖化であり、太陽の熱出量変化や火山噴火による日光遮断など自然の変動が原因である確率はほとんどないとの研究結果を発表した。リポートは、サイエンティフィック・リポーツ誌に掲載された。

    研究リポートは「最近見られる記録的な気温傾向が、人間の引き起こした温暖化なしに発生していた確率は極端に低い」と指摘した。

    またリポートは、2000─2014年までの15年間のうち13年が記録的高温だったとし、そうなる確率は770分の1、人間による影響のない状態なら1万分の1と推定した。

    国連世界気象機関(WMO)は25日、2015年がそれまでをはるかに上回る記録的な高温だったとする英米からのデータを確認。強いエルニーニョ現象で太平洋の海面温度が上昇し、暑さが助長されたと指摘した。

    WMOのペッテリ・ターラス事務局長は「エルニーニョ現象は今後数カ月で終息するが、人為的に引き起こされる気候変動は今後数十年続くだろう」と述べた。









    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。


     
    宇宙科学 ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2016/01/29 09:22 ]Posted by七曜高耶 | 惑星情報 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2948-5e0688ee