2016/02/03

現実になっていく夢。日本と北朝鮮の未来は大きく変化していくのか?


結局、私が2015年㋅27日に視た「テポドン(?)」「北朝鮮」の夢が、現実に起きてきている訳だが、


http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2710.html

あの日、あの時私が「「北朝鮮」が乗り込んでくる」=「攻めてくる」と同義語に感じたのは、
今回の安倍首相の発言である、「実際は弾道ミサイルの発射を意味するものだ」で判る様に、安倍首相自身もそう感じているのだろう。

但し、PAC3がどこまでの機動性なのかは判らない。

過去、石破氏本人から聞いた話によると、PAC3はあまり役に立ちそうにないみたいだ。
しかも移動場所は限られている。

ともかくこの流れは今後大きく変わっていく。

私が視た未来によれば、米国も今後北朝鮮の戦闘力い注意を払わなければならなくなるだろう。
北朝鮮のミサイルはこれから更に進化していくからだ。
そしてその力は米国に向かう可能性が有るのだ。


(詳細は上記URLよりご確認下さい)
北朝鮮から日本へ
テポドンとその他のミサイルが朝から昼、若しくは夕方にかけての明るい時間帯に発射される。

改良型の様だ。
幹部の娘とその夫の姿。(これに関しては意味がよく判らないのだが・・・・)


北朝鮮は中国の事をよく思っておらず、日本の手が欲しい様だ。(だが、それならば何故ミサイルを発射する必要が有るのかが判らないが・・・)

とにかく、その手段の一つとして、ミサイルを発射。







首相「実際は弾道ミサイル」北に中止求める

日本テレビ系(NNN) 2月3日(水)11時25分配信








 北朝鮮が、今月8日~25日に人工衛星を打ち上げる計画があると、国際機関に通告していたことがわかった。これについて、安倍首相は3日、「実際は弾道ミサイルの発射を意味するものだ」として北朝鮮に発射中止を求める考えを示した。

 安倍首相「これは、実際は弾道ミサイルの発射を意味するものであります。明白な安保理決議違反であり、我が国の安全保障上の重大な挑発行為であります。米国や韓国等関係国と連携し、北朝鮮が発射を行わないよう強く自制を求めてまいります」

 安倍首相は3日昼に国家安全保障会議を開いて対応を協議する方針を示した。

 また、中谷防衛相は3日朝、北朝鮮が日本の南西諸島の上空を通過する経路で発射すると通告したことを明らかにした。防衛省では、東京都の防衛省などに配備している地上型迎撃ミサイル・PAC3を沖縄県の石垣島や宮古島にも展開する方向で検討している。PAC3は最近では2012年と2013年に配備されたが、迎撃発射はなかった。






七曜 高耶


 
オカルト ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

発射させたらどうなるのでしょうね?
あのサンパンくんが消されるきっかけになるのか?
北の難民が中国へ流れ込んだ時、ロシアが沈静化の為とか言いつつ進出してきそう。
そして中国と現地での衝突から。。。
七曜さんが書いているブログの通りになって行くような。

他のブログでも出雲近辺から今年後半、危険な香りがするようで。
平穏では済まない感じなのは一般人でも感じますね。

ISISがヨーロッパで毒ガス兵器を使わない事を祈りたい。。。

Re: 四季様へ

こんにちは、四季様。

コメントを有難う御座います!


ISISの場合、次は「イギリス」ですかね。
そうならないことを祈りたいですね。





七曜 高耶