■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ]Posted by七曜高耶 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

    <熊本激震>「横ずれ型」の可能性 活断層周辺に過去も被害

    まず、初めに、今回のこの地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
    どうか、光の先の世界にたどり着けますよう心から祈っています。


    さて、丁度地震が起こる前日の日の13日に地震に関する夢記事を挙げていた所だった。

    やはり夢通り、神奈川県では無い場所での地震。

    これは意表を突いた地震であったと感じる。

    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2987.html

    今回の夢を辿ると、「神奈川県」で起こると長く思われていた地震は、
    熊本で起き、その可能性の場所を何度も教えてもらっていたにも関わらず、
    私自身忘れていた事が残念でならない。


    とりあえず、夢で固有名詞が出てきているので、引き続き「神奈川県」は警戒して頂きたく思う。

    実は子供が新人研修の為、宮崎県を訪れていたのだが、地震が起きる1日前に
    それが終了し、難を逃れたことが本当に有り難かった。


    以下は13日に書いた記事だが、とにかく起きようが起きまいが、日々チェックして頂けると
    助かる。
    もしかするとその備えで、被害に合わなくて済むかもしれないからだ。
    但し、地名が出てこなければ意味はないのだが・・・・・。
    そこは本当に申し訳ないと思う。


    それにしても、夢で感じた・・・そして視た光景が内陸だと思ったのは正しかった様だ。
    これからも中央構造線上の県は注意・警戒して頂きたい。




    4月13日の夢記事
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2987.html

    『神奈川県で大きな地震が来ると思っている筈だ。
    だが、この地震は思ってもみない所で起きる。』



    思ってもみない場所?

    これはどう言う意味なのだろうか?



    日本国内では有るが、神奈川県では無い場所とは?
    (内陸なのか?)






    <熊本激震>「横ずれ型」の可能性 活断層周辺に過去も被害

    西日本新聞 4月15日(金)2時0分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00010007-nishinp-soci



    布田川・日奈久断層帯


    江戸時代以降 複数回発生

     熊本県には北東-南西方向に延びる「布田川(ふたがわ)・日奈久(ひなぐ)断層帯」があり、江戸時代以降、周辺の浅い地下で起きたとみられる地震が複数回発生している。14日夜、同県益城町で震度7を記録した今回の地震について、気象庁は同断層との関連は「不明」としているが、識者は「この活断層の一部がずれた『内陸直下型』の地震ではないか」と分析している。




    余震が続く中、ホテルから外に出て、座り込む人たち=14日午後10時18分、熊本市東区


     同日深夜、記者会見した気象庁は「今回の地震は南北方向に引っ張る力で起きた横ずれ断層型」との見方を示した。九州大地震火山観測研究センターの清水洋所長(地震学)は「九州中部地方の断層は、一気に割れずに細かく砕けていくのが特徴。最初の揺れよりも小さい規模の余震がしばらく続く可能性が高い」と注意を喚起。布田川・日奈久断層帯について「もし一気に動くと、九州では経験したことがないマグニチュード(M)7・5~8クラスの、とんでもなく大きな地震を発生させる潜在力を持っている」と話した。
    .





    <熊本激震>「横ずれ型」の可能性 活断層周辺に過去も被害


    熊本県益城町で起きた火災=14日午後10時3分


     日奈久断層をめぐっては、文部科学省による昨年1月時点の主要断層の長期評価で、同断層の八代海区間(30キロ)で30年以内にM6・8以上の大規模地震が発生する確率が最大16%あるとされ、全国187断層の中で最も高かった。

     岡村真高知大防災推進センター特任教授(地震地質学)は「益城町のある九州の中部域は活断層がたくさんあるところ」と指摘。今回の地震の規模はM6・5と、阪神大震災(M7・3)など過去の直下型の大地震をかなり下回ったが、震度7を記録したことについては「今回は震源が浅いので、狭い地域で大きく揺れたと考えられる」と述べた。震源の真上付近では強い揺れに見舞われ、局所的に震度7になったとみられる。

    =2016/04/15付 西日本新聞朝刊=
    .
    西日本新聞





    昨日の記事の続きは当分の間、休ませて頂きます。

    昨日の様な地震があっては「死後」の話しは書けませんので・・・・。
    申し訳ないです。






    七曜 高耶



    多くの方々と夢情報を共有出来ればと思います。
    クリック&ツイート、FBで共有出来る方はご協力宜しくお願い致します。有難う御座います。


     
    地震 ブログランキングへ

      
    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2016/04/15 10:10 ]Posted by七曜高耶 | 地震 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/2991-49763609