2016/05/09

2016年5月7日の追記記事。 『場所』

《 2016年5月7日の追記記事 》

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-3024.html

場所についての追記記事ですが、何度記憶を辿っても「関東」になります。
関東の「神奈川県」・・・・・だった様な・・・・。

とにかく天気が悪く強風の吹く日は警戒で宜しく願い致します。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
地震 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

道連れ地震

 大きな地震の後の、別の場所の大きな地震は、通常2〜3年以内に起こるのではないかと言われています。
 今までの例がそうでしたから。
 しかし人工地震もある今、その前例は通用しないとも思われます。
 戦時中の大きな地震の99%は米軍の地震兵器でした。
 仮に支配者層の計画が未だ途上であるのなら、近い内に別の場所で大きな地震があるでしょう。
 つまり地震攻撃。宣戦布告です。
 この攻撃には現政権が作り上げた安保法案も対応していない。

予言集9巻の83

太陽、牡牛から20でとても強い地震

その大きな人で満ちた人生劇場、倒壊する

大気も天も地も暗くなり、そして騒然となる

その時、神を信じない者も、神と聖人に向かって走る



これは東日本大震災の時の描写とよく当てはまります。

「太陽」は日本の比喩。

「牡牛」は、実際は震源の「牡鹿半島」沖。

「倒壊した人生劇場」は、当時は卒業式が行われており、地震で天井が落下して40人以上が死傷した、東京九段の「九段会館(旧軍人会館)」。

3行目は地震発生直後とその影響による停電を、4行目は津波から逃れるために高台の神社仏閣を目指して逃げた人々の描写とも取れます。


そしてノストラダムスの予言は、「1回限りの使い捨て」ではありません。

注目していただきたいのは、1行目の「牡牛」です。

これを星座の「牡牛座」と解釈し、占星術の観点から地震発生日時を指すとの解説があります。

これは詩の原文が「taursu=タウラス=牡牛」となっているからですが、この「タウラス」との発音に注目して頭に「オ」をつけると「オタウラス」。

つまり神奈川県の「小田原市=オダワラシ」に非常に近い発音となります。

すると1行目は、「日本、小田原市から20㎞の震源で、とても強い地震」と解釈できます。

神奈川に住んでいます。
今日はとても風が強いです。

Re: おかあさん。様へ

こんにちは、おかあさん。様。


情報を有難う御座います!!

日付が判らない所が本当に不安だと思います。
そこの所は本当に申し訳ないと思っています。


また何かしらの夢を視た時にはアップします。
そして、何か不穏な兆しが見えるようでしたらこのブログで共有出来ればと
思っていますので時間の余裕が有る様でしたらお知らせ下さいね。



有難う御座います!




七曜 高耶

今日も風が強かったです。
エリアメールが鳴り響いて、私のすんでいる場所はあまり揺れませんでしたが、これで終わってほしいです。

Re: おかあさん。様へ

おはようございます、おかあさん。様。

コメントを有難う御座います!!


場所は大体外れの方ですか?
結構、広範囲だった様ですが、場所によってはそうでもない場所も有りそうですね。


おかあさん。様のお住いの県が判りませんが、関東圏は今後、警戒で過ごした方が
良いかもしれません。




七曜 高耶

神奈川に住んでいます。
横浜よりは小田原が近いのです。
しかも海も近い。
津波が来たら、私は逃げられないかもしれません。
東北は行った事がないので地形はわかりませんが、私が住んでいる地域周辺は小高い丘や山と言うのがあまりありません。
とにかく平坦。もしも津波が来たら、東海道線というのかな?(新幹線ではない方)も余裕で飲み込んでしまうのではと恐怖です。

今日の予言、ご存知ですよね。
外れてほしいです。

Re: おかあさん。様へ

おはようございます、おかあさん。様。

今日の予言??ですか?

どなたか予言されているのですか?
七曜、探してみます!!
有難う御座います!!





七曜 高耶