■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    三菱企業の未来に関する予知夢が現実になる。

    おはようございます、七曜高耶です。

    前回、記事に書きました三菱関連のお話ですが、
    やはりこの様な結果になりましたね。

    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-3013.html


    『投資家有る所に、金儲けの臭い有り』です。

    予想はしていましたが、まさかここまで忠実に行ってくれるとは・・・・。
    判りやすいですね・・・。
    2012年5月の予知夢(この後も「三菱」や「三菱重工」についての夢を何度も視ている。)
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-1116.html



    さて、今回のこの三菱、皆様はどうなると思いますか?
    傘下に入って会社が安泰になり、それで終わり?


    いえいえ、違います。


    ここからが始まりです。
    日産の傘下に三菱が入る事によって、日本はまた変わる事になります。

    「日本」が変わる?かなり大それた話に思われますが、今後の未来にも大きく影響していきます。
    たかが、「三菱」、されど「三菱」です。
    これにより、未来の経済が確定してしまいましたので・・・・。

    勿論、どこかで誰かの行動が未来に変化を与えるかもしれませんが。


    <三菱自>日産傘下に 3割出資受け入れ最終調整

    毎日新聞 5月12日(木)1時21分配信


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000002-mai-bus_all




     燃費データ不正問題を起こした三菱自動車に対し、日産自動車が約3割出資する方向で調整に入ったことが11日明らかになった。三菱自動車は事実上、日産の傘下に入って、経営再建を目指すことになる。

     三菱自動車の不祥事をきっかけに自動車業界の大型再編に発展する可能性が出てきた。

     三菱自は燃費不正問題で顧客へのガソリン代やエコカー減税などの補償が必要となっている。さらに、2000年以降のリコール(回収・無償修理)隠し問題など不祥事が重なって、企業イメージが悪化。販売が大幅に落ち込んでおり、経営への打撃が懸念されている。

     三菱自と日産は11年、折半出資で軽自動車の共同企画会社を設立。三菱自が生産した軽自動車を日産に供給している。




    さて、最後になりますが、今回のこの日産に追い風を吹かせたのは「熊本地震」でした。
    熊本地震がどの様に関係するのか?は疑問に感じるところだと思います。
    ですが、これも実の所関係するのです。
    とにかく、彼らにとって全てがタイミングよく動いています。

    三菱重工は赤字になるでしょうし、日本独自の経済は・・・・・低下していく可能性はかなり高いと言えるでしょう。


    今後、三菱の看板が残っても、外資系に見事に乗っ取られた訳です。
    さて、どうなることやら。


    多分、これからも経済に関する夢を視ると思います。
    少しでも参考にして頂けると良いかもしれません。

    宜しくお願い致します。




    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。

     
    宇宙科学 ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2016/05/12 05:46 ]Posted by七曜高耶 | 政治・経済 | TB(0) | CM(4)[記事編集]

    ああ

    日産は...
    次の覇権国家と繋がりが
    [ 2016/05/12 13:00 ] [ 編集 ]

    Re: HNなし様へ

    こんにちは。コメントを有難う御座います!


    日産対ルノーどうなるでしょうね~。
    [ 2016/05/12 15:58 ] [ 編集 ]

    今更ながら

    七曜高耶様

    今更ながらですが私は三菱自動車がこうなることを予知こそしていませんが予測をし予感もしていました。

    ある電通マンが例の脱輪事故のあとの再建の記者会見を受けて三菱自動車のイメージ回復戦略に向けての御用聞きに伺いました。

    そこでの三菱自動車側からの答えは
    「三菱自動車の車は三菱グループが買ってくれるから大丈夫だ。三菱自動車は潰れるわけない。」

    だからイメージ回復戦略はしなくても大丈夫だと。

    そういえばあの時何もしてませんでしたよね、三菱自動車側は。

    経営者が燃費不正を知らなかったわけがないですが、一般社員がこの意識ですから自業自得ですね。

    それにしても三菱自動車の社員はこれからリストラされるわけですがカワイソ。
    [ 2016/05/13 05:37 ] [ 編集 ]

    予言集2巻の88

    その流通界に大きな支出で破産させる出来事

    7番目の名に、5番目のそれだろう

    3番目の大物は、たいそう喧嘩早い外国人

    騙されやすいリュテス、エクスを保証する



    三菱自工もそうですが、シャープ、東芝といった、「国内大手」といわれる企業が不祥事などで経営難となっています。

    されにより、例えば「昨年は業績5位だった企業の名が、今年は7位に転落」といった事が起こるとの予言でしょう。

    「3番目のたいそう喧嘩早い外国人の大物」は、日産のカルロス=ゴーン氏と考えるのが妥当です。

    4行目の「リュテス(原文ではLutece)」「エクス(原文ではAix)」から読み取れるほかの企業として、
    「ロッテ(経営者一族が内部抗争中)」や「アクサ生命」なども危ないかも知れません。
    [ 2016/05/13 12:35 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/3033-4a50205f