2016/05/31

2015年10月の夢記事を検証。 「ドイツ」で「大洪水」が起きた様です

こんにちは、七曜高耶です。
今日は予知夢に関係した災害の記事を書こうと思います。
この様な事を書きますと、またあの方がいらっしゃるかもしれませんが、
とりあえず、検証ブログでも有りますので、書かせて頂こうかと思います。


まずは今回起きましたこの洪水によって亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしたいと思います。


・・・・・・・・・・

5月29日、ドイツ バーデン・ヴュルテンベルク州で洪水が起きた様です。
以下は「SPUTNIK日本」の転載記事になります。
今回起こったバーデン・ヴュルテンベルク州での大洪水はかなり酷い状況だったようで、
車までもが押し流される程の強い流れる様子が撮影されている。
詳しくは以下「SPUTNIK日本」の転載記事をお読みください。


ドイツ洪水関連記事:

地球の記録様: http://earthreview.net/bibilical-rain-cause-apocalyptic-floods-in-germany/


AFP通信: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160531-00000001-jij_afp-int

さて、七曜は昨年2015年10月にドイツの大洪水に関する夢記事を書いています。
以下がその時の転載記事になります。
(詳細は以下URLよりご覧になって下さい)

この時、七曜は夢の中で溺れたのですが、
今回のこのニュースを読む限り、夢で溺れたとしても何ら不自然では無いと思うほど酷い
洪水で有ったと思います。
「くるみ割り人形」の音楽の意味はいまいち判らないのですが、
これも結局ドイツの音楽ですので、この事を指していたのかもしれませんが、判断は出来ません。
まだ、他の意味が残っているのかもしれないからです。


2015年10月の夢記事:http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-2831.html


2015年10月12日に視た夢は、「ポンペイ」「噴火」「ドナウ川」「大洪水」と「くるみ割り人形」の曲
だった。

初めの「ポンペイ」だが、いつもの通り、名前は知っていても場所が判らなかった為検索をして
調べてみた。
すると出てきたのが、南イタリア・ナポリにある、ポンペイの町を火砕流が飲み込んだのが
ヴェスヴィオ山と言う山だそうで、

そのヴェスヴォ山の場所を調べた結果、位置は以下の場所だと言う事が判った。



そして、「ドナウ川」の大洪水の夢も視たので同じく調べてみた結果、場所は以下になった。



「くるみ割り人形」と、ドナウ川が何故一緒に視え、そして聴こえたのかが判らないが、
とにかく、ドナウ川の大洪水は非常にリアルで、七曜は目覚めの時、吐いてしまった。


ここで、胃液・・とか言えば納得出来るかもしれないが、実のところそうではなく、水が口から
湧いて出た・・と言えるものだった。

魚でも出てくれば面白人間になれるかもしれないが、これは苦しかったし、
初めての体験な故、理由が判らない。


ただ、判る事は、「大洪水」と「噴火」の可能性が出てきている事だけだろう。
渡航予定の有る方は十分にご注意下さい。



しかし、まだこの大洪水以外にも注目するべきところは、
夢で出てきた「ポンペイ」と言う場所です。
ドイツの大洪水が現実となった今、こちらの場所もやはり注意・警戒すべき場所なのかもしれないと
思っています。
2015年10月にも書きましたが、
渡航者は十分に下調べをした後渡航される方が良いかもしれません。




ドイツで洪水 通りから自動車が押し流される(動画)
2016年05月30日 23:15短縮 URL

http://jp.sputniknews.com/incidents/20160530/2221116.html#ixzz4ACkQW2h7



ドイツ南部を襲った大雨のため、洪水が発生し、少なくとも3人が犠牲となった。29日夕方、ドイツの一部の地域は、雹を伴った雷雨にも見舞われた。「ザ・ローカル」が伝えた。




中でも特に大きな被害を受けているのは、バーデン・ヴュルテンベルク州とバイエルン州で、バーデン・ヴュルテンベルク州では死者が出ており、消防隊員が被災者を救助しようとし共に亡くなるという悲劇も起きている。

一方ソーシャル上には、通りの車がすべて、水流に押し流される様子を撮ったビデオなどが投稿されている。流された車の中には、トラックも含まれていた。ドイツ南部のいくつかの地区では、自動車道路が洪水のため遮断されている。










七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。


 
自然災害 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント