2016/08/14

米空軍 大気圏最上層部でプラズマ爆弾を爆発させる意向!?



8月3日の夢記事が以下になるのですが、もしかして「dazzle」が関係するのかな?
と思う様な記事をSPUTNIKから転載してきています。

http://orangeapple01.blog62.fc2.com/blog-entry-3072.html

実際の所、本当に物理学者様や科学者様でないと解らない内容だと思います。
なので、七曜にはその様なことが可能なのかどうかの想像しか出来ません。

そして、何よりSUPTNIKサイトの情報が正しいものなのかの判断も難しい所が有ります。


しかし、聞くところによると、熊本地震が起きた時・・・・でしたか・・・・。
七曜も詳しくは知りませんが、ネットの中では「プラズマ兵器(プラズマ弾)」で
攻撃(?)された?とか言われている方もいらっしゃるようです。


七曜これについてはノーコメントですね。

実際の所が判らないからです。

でも、以下の動画では確かに発光現象は観られていますので、
兵器かどうかは別にしても、眩しい光は311の時と同じく起こったことは事実ではないかと思います。



※311東北地震


※414熊本地震

発光現象とは過去よりみられていた現象で、地震発光現象と言われているものですが、
それとよく似た兵器が使用されれば非常に判断が難しいでしょうが、
そうでないことを祈るしかないですよね。


米空軍 大気圏最上層部でプラズマ爆弾を爆発させる意向
米国
2016年08月10日 20:49(アップデート 2016年08月10日 21:39) 短縮 URL


http://jp.sputniknews.com/us/20160810/2625458.html




米空軍は、地球の大気圏の最上部で、小型人工衛星を利用しプラズマ爆弾を爆発させる計画だ。その目的は、長距離無線通信の質的向上を図るためである。New Scientistが伝えた。




アルタイでロシア初の宇宙空間管理システムが稼働



ロシアは宇宙空間を管理していく
深夜、昼間よりも、はるかに遠距離の無線信号を受信できることは良く知られている。電離層の変化のおかげで、夜に荷電粒子の密度が増加するため、信号の反射が容易になる。

米空軍は、直接空気中にイオン化したガスを送る小型の人工衛星CubeSatの助けを借りて、電離層に影響を及ぼす考えだ。このプロジェクトは、無線信号の距離を拡大させるのみならず、GPSシステムに対する太陽風の悪影響を低減させることができる他、敵の人工衛星との通信をブロックすることもできる。

先に伝えられたところによると、中国は、同国初のモバイル通信衛星「天通1号01」の打ち上げに成功した。




この記事の件に関して言える事は
余計な事考えない方が良いよ・・・・・・としか言えませんね。

多分、これを読まれた方の中にも一人は嫌な予感が過る方がいらっしゃるのではと思います。
それにしてもまた出てきたキーワード

「太陽風」


何なのでしょうね、これは。







七曜 高耶


クリック頂き有難う御座います。

 
地震 ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

太陽風は

「太陽風」。
それ自体は別に珍しくはないですよね。
太陽からやって来るプラズマ(電荷を帯びた粒子)でしょ?
地球の磁気圏に捕らわれて地球の磁力線に沿って流れ込む。極地方ではオーロラが発生する。
…ではなかたっけ?
太陽風が強すぎると、電離層に悪影響が出る=磁気嵐となる。

誤りがあったら、ごめんなさい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 匿名様へ

こんばんは、ひさ様。


コメントを有難う御座います!
非公開でも構いませんので、是非URLをお教え下さい。

URLが貼られていなかった様ですのでどうぞ宜しくお願い致します。






七曜 高耶