■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















『放射性物質を吸着する天然の鉱物』「ゼオライト」の限界と危険性

本日の記事は原発が垂れ流す放射性物質についての記事を書いていこうと思います。

何故、記事にしていこうかと思ったのかと言いますと、本日「SPUTNIK」にて「ゼオライト」の話が
書かれていたからです。

日本の福島原発が爆発したその後の4月16日、記事で「ゼオライト」を海中に投入する事を伝えました。

「ゼオライト」の効果は広く知られるように『放射性物質を吸着する天然の鉱物』
です。

しかし、この天然の鉱物「ゼオライト」にも欠点が有り、それが3年間の実験により証明されたようです。

詳しくは以下の「SPUTNIK」の記事をお読み頂ければ判る様に、罹患(りかん)していない人間も
病気(ガン)にを引き起こす可能性が存在すると言うことです。

期待されていた「ゼオライト」にも限界は確実に有り、放射性物質を最大まで吸着したとしても、
今度はその「ゼオライト」自身が強力な放射性物質と化し、周囲のものに(自然界の生き物:日本の場合は
海中に存在する生物や地上で生活している人間等の生き物)に影響を与えだすことになり兼ねない
と言う危険性を孕んでいると言うことです。


しかも悪い事に影響が出てきた生物の中に有る遺伝子情報が後世にも受け継がれるということ
これは広島や長崎に投下された原爆と同等の危険性を持ち合わせていると言う事です。

チェルノブイリ原発事故で、この「ゼオライト」が使用されていたそうですが、原発事故が起きたロシア
では先にこれに関して研究してきたのは事実ですから、
5年前に事故を起こした日本に比べれば「放射性物質」の除去方法を模索していたロシアの方が
これに関しての知識は豊富であると考えられます。

安易に日本の情報やその他のサイトの情報を鵜呑みにしない方が得策ではないかと思っています。
皆様もきちんと精査した上で購入するならばそうされた方が良いかと思います。


天然鉱物の「抗がん剤」は、罹患していなかった人にもがんを引き起こす危険性
サイエンス2016年08月26日 01:43(アップデート 2016年08月26日 01:48) 短縮 URL 041023





かつてNATOの戦闘機はコソボで劣化ウラン弾を撃ち込んだ。その放射性物質をコソボに埋蔵されている鉱物、ゼオライトはスポンジのように吸収した。皮肉な話だが何を隠そう、このゼオライトは抗がん剤として人気がある。


日本人女性をがんから救う今日、一連の鉱物は人体の健康に極めて有益な効果を持つという信仰が広まっている。セルビアは、このような信仰の的になっている鉱物の1つであるゼオライトが非常に豊富にある数少ない国の1つだ。セルビアではゼオライトは薬局や、健康的な食べ物が売っている店、もしくは単に道端で手に入れることができる。

しかし、スプートニクによって実施された小さな調査によって、ゼオライト入りの薬は薬局で買ったものでさえ安全とはほど遠い可能性があるということが示された。 ベオグラード大学物理化学学部のボリフ・アドナジェウィチ教授はスプートニクと対談し、次のように述べた。


「私はあるとき動物の餌の添加物としての天然ゼオライト使用についての実験に参加したことがある。 実験は3年続いたが結果は極めて驚くべきもので、ゼオライト使用放棄を余儀なくされた。たとえば、豚100匹中20匹が120キロの体重に達したのに、その豚たちには1グラムも脂肪がなかった。そのかわり、全ての豚に腎臓結石が見つかり、毛が全て抜け始めた。そして何より悪いことに、この効果は遺伝を通し受け継がれたのだ



主な危険性は、「奇跡の天然物」が実は放射性物質である可能性があるということにある! アドナジェウィチ教授は次のように説明する。 「ゼオライトはイオン交換能を持つ。つまり、さまざまな物質を分離し、吸着することができる。コソボでの劣化ウラン弾を使った軍事作戦のせいで、土壌と水は汚染されているが、ゼオライトは全ての有害物質を吸収するのだ。ところで、チェルノブイリ原発事故による汚染処理のためにゼオライトが使われていた。」

また、汚染されていないゼオライトであっても生体に有益な効果を持つという証拠は存在していない。 先に伝えられたところによると、カナダの研究者がガン腫瘍に薬を届けることができるナノサイボーグを作った。


続きを読む: http://jp.sputniknews.com/science/20160826/2693000.html






放射性物質を吸着する鉱物を海に投入
2011年4月16日 07:18

http://www.news24.jp/articles/2011/04/16/07181050.html



福島第一原発の事故をめぐり、放射性物質を吸着する鉱物「ゼオライト」を海に投入する作業が行われ、高濃度の放射性物質を含む汚染水が流出した付近に300キロが入れられた。これにより、放射性物質の拡散を封じる狙い。


(中略・・・・)


 こうした中、放射性物質を吸着する鉱物「ゼオライト」を海に投入する作業も行われ、高濃度の放射性物質を含む汚染水が流出した付近に300キロが入れられた。これにより、放射性物質の拡散を封じる狙い。


ロシアが原発事故の時「協力」を申し出てくれた時、日本は確か断りましたが、
国民の事を最優先に考え、日米間のお付き合いより早く協力要請を出すべきだったのではと
考えてしまいます。
さて、今後の政府と東電はどの様に動いていくのでしょうか・・・・・?

オリンピックより先にこの問題解決を行っていって欲しいと心から思っております。


併せて七曜自身もこの放射性物質を食品の力で軽減させる方法をみつけていこうと思います。
最後にこの記事をツイート&フォロー出来る方は、どうぞ宜しくお願い致します。
有難う御座います。





七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。


 
科学 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/08/26 07:26 ]Posted by七曜高耶 | 原発事故 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/3096-2ed84327