■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


□最新記事
□最近のコメント















「魔法神社」を知っていますか?

【魔法神社:】
魔法神社3
車で向かう魔法神社までの道のりは長く・・・・、そして道幅が2mなんて所も
ありますが、途中小さな沢や、古びた水車があったりしますので、ある意味風情が
あるのかも・・・。




魔法神社4
※正面入り口

魔法神社5
※なが~いコケの生えた階段をすべりそうになりながら登っていきます

魔法神社6

そして無事神社に到着しましたが、
この神社は本当に何もない殺風景な神社です。

そしてあろうことかその神社の由来を知る地元民はいないに等しいのです。
唯一の伝説では、


伝説:

総社市や吉備中央町では、魔法様ことキュウモウ狸の伝説が以下のように語られている。

昔、ヨーロッパや東南アジアから多くの船が日本に来訪していた時期、キリスト教の宣教師たちに紛れて、
キュウモウ狸が日本にやって来た。

どこの国から来たのかは不明だが、人間に化けるのが上手で、住処を捜して日本中を放浪した末、
当時すでに廃坑となっていた加茂の銅山を住処とした。

以来、この住処を気に入ったキュウモウ狸は、月夜には農具をカンカンと叩きながら

「サンヤン、サンヤン」

と言って踊り回っていた。人間に化けて稲作を手伝ったり、奴姿で盆踊りで踊ることもあった。
キュウモウ狸が人間に化けた姿は口がとがり、口髭が濃く、顎が細く、下半身が短いといった、
正体のすぐにわかる特徴的な姿であり、正体がばれると「すまん、すまん」と言って逃げ出した。
ときには木の葉を金に変えて買物をし、店の人を困らせることもあった



この青い文字の「サンヤン」と言う言葉。
面白いと思いませんか?

「Sayan」の発音を耳で聴くと「サンヤン」に聴こえますが、正しくは「サヤン」。
ヘブライ語で「協力者」と言います。

この不思議な「サヤン」は
人間に化けて稲作を手伝ったり、奴姿で盆踊りで踊ることもあった」
と、書かれています。

そして下線にも注目して頂きますと判る様に「錬金術」らしき業も使います。

日本に渡来したキリスト教の宣教師は改宗したユダヤ人ではないかと思っています。
事実、バテレンの宣教師はユダヤ人であったという歴史も有ります。

口髭が濃く、顎が細く~~~~も彼の国の人々によく似ていると
思いませんか?




七曜 高耶



クリック頂き有難う御座います。

 
学問・科学 ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/27 17:51 ]Posted by七曜高耶 | 直感力 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

イエズス会

七曜高耶様

コメントは年末に少しまとめてしようかと思ってましたが一つだけ。

イエズス会はスペインにいたユダヤ人がカソリックに改宗することにより生まれました。

イベリア半島にいたイスラム教徒を彼らは追い出しスペイン王国として独立し会の傘下に置き、その後アメリカや東アジアを目指し世界に進出したのです。

まぁ、これもその名残りでしょうね。
[ 2016/12/28 04:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/3151-48f08e0a