■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium


    □最新記事
    □最近のコメント















    好意的なアヌンナキは普通に存在しています

    こんばんは、七曜高耶です。


    本日は、まほろば読者である黒猫のジジ様とのメール交換で
    出てきたレプティリアン(=アヌンナキ)について書いていこうと思います。

    アヌンナキ


    以下は「新・ほんとうがいちばん」様の転載記事になるのですが、
    ECETIと言うアメリカ・アダムス山を拠点に活動されている、リーダーの
    ジェームズ・ギリランド氏がレプティリアン(アヌンナキとも呼ばれている)宇宙人
    に関してお話されている内容を転載しております。


    「好意的なアヌンナキが戻ってきている」と聞いて皆様はどの様に感じておられるでしょうか?

    アヌンナキ(レプティリアン)は悪だ!と思われておられる方は多分多いのではないでしょうか?


    これはある意味情報操作なのですよね。


    解り易く例えるなら海外で、ある一部の日本人が犯罪を犯すとしましょう。
    それを見て全ての日本人が悪人だと言っているのと同じ事なのです。

    これって違いますよね?


    何度かこのブログでも書いてきていますが、
    レプティリアンの中にも「白」や「黒」や「灰」が存在しているのです。

    その中の人類に「好意的なアヌンナキ」がこの地上に帰ってきている・・・と
    記事内で仰っておられますが、
    今に始まった訳では有りません。

    もう、かなり大昔からこの地上に存在していますが、
    表だって活動を始めたのは最近ですかね・・・・。(ようやく真実を受け入れることの出来る人類が
    出現しだしたので)


    どちらにしても「宇宙の法則」「宇宙の決まり事」に沿って活動をするのですから、
    どうしても水面下になってしまいますよね。(ヒラリー氏はこれを暴露しようとしていたのかもしれません。
    言いたい気持ちは判りますが、人類からは支配されていると思われるかも・・・。)


    しかも、みた感じ多分人類とは異質な部分も多いですから、
    真昼間から散歩だって出来る訳も無い。

    散歩でもしようものなら、下手するとある種の人類に捕獲され、
    解剖されるかもしれませんからね(笑


    人類にどれだけ貢献したとしても、
    人類は見た目で差別しますから恐ろしい限りです。


    さて、我々日本人はオリオン人の遺伝子を色濃く受け継いでいるのが特徴で、
    他の民族と異なる遺伝子が存在している訳です。

    特にオリオン人が備えていた能力が強く顕れていますよね。
    人類が言う「直感」と言うものや「予知」とかもその一つです。


    特に日本と言う国自体が特殊なのです。


    大陸から引き剥がされて出来た島国と言う事になっていますが、
    実際はアトランティスの様に海底から出現した国が日本なのです。



    ダーウィンの進化論の様に、「人類は猿から進化したんだ~」と言った感じに、
    「日本は大陸から引き剥がされて出来た島国だ~」と言うのと同じ感じですね(笑

    話しが長くなりそうですのでおいおいまたお話していければと思いますが、
    日本人はもう少し誇りをもって生きて行って欲しいと思います。

    この地球上でオリオンの血を濃く引いているのは日本人なのですから。
    (最近は雑種も多いですが・・・・・)


    それでは前置きが長くなりましたが転載記事をお読みいただければと思います。

    続きは以下のURLよりどうぞ。


    最近、好意的なアヌンナキが戻ってきている(ECITI主宰・ジェームズ・ギリランド氏)
    2015/11/03
    13:03

    http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1097.html



    引用元:スターピープル―覚醒のライフスタイルを提案するスピリチュアル・マガジン Vol.56(StarPeople 2015 Autumn)より抜粋



    アメリカのUFO目撃のメッカとして知られる、米ワシントン州のアダムズ山。この山の麓にスピリチュアル・リトリート・センターを開設し、ECITI(地球外知的生命体との覚醒的コンタクト)の活動も行なっているジェームズ・ギリランド氏。 ここでは、彼が出演したラジオのインタビューの中から、人類と宇宙人とのかかわりについて語られた内容を紹介する。 長年、高度なスピリチュアルの勉強をしてきたギリランド氏は、スピリチュアル・リトリ ート・センターの建設を行いながら、自身の深い内面的な探求を続けていると、 想像を超える高次元の世界との出会いがあり、その経験を通して課題を受け取 ったという。現在はECITIのファシリテーターとしてアダムズ山のコンタクトツアーなど を行なうほか、テレビやラジオ番組にも出演。UFOや宇宙人の存在について、多くのことを伝えている。


    ECITI主宰 ジェームズ・ギリランド氏
    最近、好意的なアヌンナキが戻ってきている



    アヌンナキがもたらした地球人類

    ――あなたはアヌンナキの歴史、そして人類がどのようにして現状にたどり着いたのか話していましたね。

    ◆ジェームズ:

    はい。ECITIでは、プレアデス星人、アンドロメダ星人、オリオン光の評議会、シリウス星人およびアルクトゥルスと多くの接触があり、これらすべての存在が、独自の宇宙船でやってきています。さらに私たちは、彼らの持つ様々なテクノロジーや宇宙船も目撃しています。

    最近起こっていることですが、好意的なアヌンナキが戻ってきています。しかし、誰もそのことに関して話していません。皆、物事の悪い部分や地球外生命体の影の側面について話たがりますが、いわゆるET、地球外の存在、古代の先祖や神殿の建設者たち(アヌンナキ)の良い部分について語る人は、ほとんどいません。

    歴史のある時期に起こったことを話ますと、天から地球にやってきたアヌンナキは髭をたくわえた神で、そこから私たちがもつ、髭の生えた神様というイメージがついたのです。彼らは非常に背が高く、彼らの起源は古代こと座で、人類はニビルまたは惑星Xと呼んでおり、数千年かけて公転する星にコロニーをもっています。彼らが地球にいた頃は、男女6人づつの計12人で構成される評議会が、宇宙の法則に従って活動していました。彼らはある意味で非常に気高く、強力で、愛に溢れていました。



    最後になりましたがもし何か宇宙の事やご自身の出星をお知りになりたい場合は、
    「TPR」(こちらはJCETIに依頼)をお願いしますと判るかもしれません。








    七曜 高耶



    クリック頂き有難う御座います。

     
    オカルトランキング

    関連記事
    スポンサーサイト
    [ 2017/06/22 20:36 ]Posted by七曜高耶 | スターシードへの覚醒 | TB(0) | CM(1)[記事編集]

    お久しぶりです。

    お元気そうでなによりです。

    日本神話では、「泥の海をかき混ぜて大八洲(日本列島)を作った」とありますが、やはり大陸から分離したのではなかったのですね。

    そうなると日本列島の成り立ちは大規模地殻変動なのか、それとも神話にある通り神々(知的生命体)によって作られたのか…

    [ 2017/07/05 15:56 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://orangeapple01.blog62.fc2.com/tb.php/3190-ddf2bd71